「超小型モビリィティ デザインコンテスト」最終審査結果発表


 

こんばんわ~♪管理人のミッチョンです( *´艸`)

 

以前にご紹介した、電気自動車普及協議会(APEV)が主催する「超小型モビリィティ デザインコンテスト」において、最終審査結果が発表されています。5チームのデザインが入賞という形で選ばれており、最優秀賞(グランプリ)を11/24の東京モーターショー内で発表されるとのことです。

 

http://www.apev.jp/news/2013/10/post-312.html

電気自動車普及協議会(APEV)では、次世代を担う学生を対象に、昨今様々な分野から注目を集めている「超小型モビリティ(EV)」やそれを取り巻く環境デザインを提案していただくというコンテストを実施しています。

このたび、一次審査を通過しました19校27チームの中から、3次元デザインソフトを入賞チームは下記の 入賞チームは下記の5チーム (国内4チーム、海外 4チーム、海外1チーム)です。

・KID(九州大学)
・PDL(千葉大学)
・Team Mora Team Mora Team Mora(モラトゥワ大学 モラトゥワ大学:スリランカ)
・TgMg(天王寺学館高等学校 天王寺学館高等学校)
・VOLTAGE VOLTAGE VOLTAGE(首都大学東京) (アルファベット順)

上記「入賞チーム」から最優秀賞(グランプリ)を含む各賞を選定して、来る11月24日(日)東京モーターショー SMART MOBILITY CITYの一環としてカンファレンス会場で行われます表彰式で、各賞の発表と受賞チームによる作品の発表を行います。 表彰式は読売新聞社の協力で行われ、その時間・場所・内容を追ってお知らせ致しますので、皆様のお越しをお待ちしております。

 

この時点では、まだデザインが見れないのが残念ですね(T_T)ただ、このプロジェクトはSNSを活用して制作プロセスの共有を行うこととなっているので、探せば出てくるのかもしれませんー。

 

 

Comments are closed.