つくば市がコムスとニューモビリティコンセプト2種類の超小型モビリティを導入


 

こんばんわー(・∀・)管理人のミッチョンでーす!今日は全国的に温かい1日でしたね?まぁどこにも出掛けませんでしたけど・・・

 

さてさて。茨城県つくば市で新たな超小型モビリティ実証実験が開始されました。今回はなんと!日産ニューモビリティコンセプトとトヨタコムスの2種類同時の事業となります。

 
つくば市がコムスとニューモビリティコンセプト2種類の超小型モビリティを導入

http://www.city.tsukuba.ibaraki.jp/14215/14284/9593/016277.html

超小型モビリティ事業について

つくば市では、国土交通省からの支援対象事業の決定を受け、1~2人乗りの超小型モビリティを使った実証実験を始めました。
市が超小型モビリティを先導導入し、まちづくりの関係者とともに様々なシーンで運行を行い、市域の低炭素交通スタイルの実現を目指していきます。
つくばモビリティロボット実験特区の取り組み(セグウェイ・ウィングレット等)とともに、短距離移動手段の多様化を進めます。

事業スケジュール(予定)
平成26年1月~ 公用車,防犯パトロール
平成26年2月ごろ~ 通勤実験
平成26年夏~秋ごろ 観光利用,農業利用,商業利用
平成26年冬以降 ビジネス展開利用実験

 

パンフレットの作り込みを見てると、相当に気合が入っているように思えます!あと、これもお初だと思うのですが「農業利用」ってのが気になりますね!今後のつくば市さんの動向に期待したいと思います。

 

 

Comments are closed.