セブンイレブンと佐賀県が超小型モビリティの導入促進事業に認定


 

こんばんわー(・∀・)今日お出かけ先でベントレーのフライングスパーを初めて目撃!その優雅さに思わずウットリなミッチョンです♪

 

さてさて。国土交通省が進めている超小型モビリティの導入促進事業に、新たに2つの事業計画が支援事業に追加されたようです。

 

http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha10_hh_000105.html

超小型モビリティの導入促進

超小型モビリティは、交通の省エネルギー化に資するともに、高齢者を含むあらゆる世代に新たな地域の手軽な足を提供し生活・移動の質の向上をもたらす、少子高齢化時代の「新たなカテゴリー」の乗り物。

その普及や関連制度の検討に向け、成功事例の創出、国民理解の醸成を促す観点から、地方公共団体等の主導によるまちづくり等と一体となった先導導入や試行導入の優れた取組みを重点的に支援。

 

今回新たに加わったのはご覧の事業です↓

申請者《導入地域》 導入する超小型モビリティ
大町買い物サービス協議会《佐賀県杵島郡大町町》 トヨタ車体「コムス」1台
株式会社セブンイレブン・ジャパン《17都府県》 トヨタ車体「コムス」150台

 

セブンイレブンが150台導入って規模がスゴイですねー(・∀・)ちなみに、どちらの事業も高齢者などに商品の配送で利用するとのこと。補助額は計約4,400万だそうです!

 

国内ではトヨタ車体のコムスと日産のニューモビリティコンセプトが2強って感じがしてきましたね!?ミッチョン的にはホンダのマイクロコミューターを推してイきます♪

 

 

Comments are closed.