厚木市の介護用超小型モビリティは「たまもび号」と名付けられたようです


 

こんばんわー!管理人のミッチョンです(・∀・)センター試験真っ只中にこの冷え込みはツライw受験生の皆さんガンバッテくださいね♪

 

さてさて。以前にご紹介した神奈川県厚木市の介護用超小型モビリティですが、各方面で話題になっているようですね?これまでの超小型モビリティの用途はほとんどが観光用でしたから当然と言えば当然ですかね?ミッチョンも個人的にこれからの高齢化社会に超小型車は必ず役に立つと思っているので玉川グリーンホームでの実証実験には注視したいと思います。

 

ところで、その玉川グリーンホームに配属された日産ニューモビリティコンセプトに愛称が付けられたようなのでご紹介しますね♪

 
厚木市の介護用超小型モビリティは「たまもび号」と名付けられたようです
 

http://www.city.atsugi.kanagawa.jp/wadai/machi/d026986.html

 市内にある介護施設「玉川グリーンホーム」(小野734-2、原田忠洋施設長)で9日、日産自動車株式会社の超小型モビリティを活用する実証実験が始まりました。小林常良市長や日産自動車の社員ら関係者が集まり、出発を祝いました。

 実証実験は、市と日産自動車が昨年11月に締結した協定「厚木市・日産自動車グリーンモビリティ・プロジェクト」の一環によるものです。次世代自動車の利点や課題を見つけて地域の新たな移動手段としての可能性を探ろうと、市が国土交通省から公道走行の認定を受け同社が同施設に1台貸すという形でスタートしました。運転は玉川グリーンホームの職員が担い、主に訪問介護の足として利用されます。

 実験で使用される超小型モビリティ「ニューモビリティコンセプト(NMC)」は全長2.34メートル、全幅1.23メートルのコンパクトな電気自動車。狭い道の走行が多く深夜の緊急的な訪問もある同施設での利用は、機動性と静粛性といった特長が生かせるなど、多くのメリットが期待されています。未来への可能性を秘めた車は、親しみを込めて「たまもび号」と名付けられました。実験は3月まで2カ月間実施され、利用した職員が気づいた点を日報に書き込んで効果や課題を検証します。

 同日、小林市長は「日産と玉川グリーンホーム、厚木市が三位一体となり、介護の分野でどのように使っていけるか研究していきたい。新しい形を作り上げたい」とあいさつ。日産自動車の佐藤学(さとうまなぶ)技術企画部長は「NMCが訪問介護の分野で利用されるのは、国内で初めての試み。実証実験の結果を今後の研究開発につなげていきたい」と述べました。その後、事前に研修を受けた同施設の職員が車に乗り込み、関係者に見送られながら訪問介護に出発しました。

 同協定は、環境や交通の先進都市を目指す市と持続可能なモビリティ社会を目指す同社の思いが合致して実現しました。「充電インフラの整備促進」「電気自動車活用モデル事業」「自動車先進技術の活用」「交通流改善の将来構想検討」「小・中学校の環境教育支援」の5つの分野で協力してプロジェクトを展開し、市民・企業・行政が連携した新しいまちづくりを目指します。

 

なんと愛称は「たまもび号」!!!これは可愛いネーミングだ(・∀・)玉川グリーンホームの「たま」と、ニューモビリティコンセプトの「もび」ですね!?(言わんでも分かるって!?www)

 

自動車に愛称を付けると大切にされるって話がありますので、大事にされるといいですね♪

 

 

Comments are closed.