日産「ニューモビリティコンセプト」、香川県の豊島で観光用レンタル


 

こんばんわ~♪連日の猛暑で夏バテ気味なミッチョンです(´;ω;`)

 

遂に我々一般ピープルでも超小型車に乗れる時が来ましたよっ!!!日本経済新聞によると、香川県の豊島(てしま)で20日から日産「ニューモビリティコンセプト」をレンタカーとして観光客に貸し出す試みが始まったとのことです。

日産ニューモビリティコンセプト

 

これは連日お伝えしている国土交通省による超小型車の普及事業の一環なのですが、一般向けに提供するのは初めてです。観光と超小型車に乗れるって、ミッチョン的には最強の組み合わせですよ(^O^)/

 

http://www.nikkei.com/article/DGXNASGC1901F_Q3A720C1NNE000/

 最新鋭の「超小型車」で島巡りはいかが――。瀬戸内海に浮かぶ香川県の豊島(てしま)で20日から軽自動車よりも小さい超小型車をレンタカーとして観光客に貸し出す試みが始まった。来年3月末まで実施する。国土交通省による超小型車の普及事業の一環で、一般向けに提供するのは初めてだという。

日産自動車の1~2人乗りの電気自動車「ニューモビリティコンセプト」を6台貸し出す。1日8400円で利用できる。島内に充電スタンドを2カ所設置。ソフトバンクモバイルが開発中の充電情報の確認システムも取り入れ、性能を検証する。

豊島は周囲20キロメートル弱の小島で、島内の移動手段が限られる。20日に夏季の「瀬戸内国際芸術祭」が始まり、観光客も増えるため、レンタル需要が強まりそうだ。

超小型車は環境性能に優れ、高齢者でも運転できる次世代車として注目されている。国交省は1月に公道走行手続きを簡略化した制度を設け、補助金と併せて普及を後押ししている。

 

ところでふと気になったのですが、超小型車ってエアコン付いてないですよね!?ちょっと調べてみますねー!!!

 

 

Comments are closed.