村田製作所の新型バッテリーがジードの超小型モビリティ「ZieD α1」に搭載


 

こんばんわー!風邪でダウン中のミッチョンです(^_^;)折角の3連休が台無しでござるwww
まぁ、唯一入っていた予定としては近所のトヨタディーラーへ行って話題の小型ハイブリッド車「アクア」を見ようと思ってただけですけどね(T_T)今年もクルマ女子真っ盛り♪

 

さてさて。経済ニュースを見ている方は既にご存知かと思いますが、2014年1月15日より開催される国際カーエレクトロニクス技術展で、村田製作所がコンパクト・高入出力・長寿命を実現した高入出力型ハイブリッドリチウムイオン蓄電池モジュールを展示するとのこと。そして、この蓄電池モジュールがジード株式会社製の超小型モビリティ「ZieD α1」に搭載されるとのこと。

 

村田製作所の新型バッテリーがジードの超小型モビリティ「ZieD α1」に搭載

 

http://www.murata.co.jp/new/news_release/2014/0109b/index.html

株式会社村田製作所は、中期経営計画*1で注力市場と位置づける環境・エネルギー市場向けの取り組みとして、コンパクト、高入出力、長寿命を実現した高入出力型ハイブリッドリチウムイオン蓄電池モジュールを開発しました。

当製品はジード株式会社の超小型モビリティの試作機に搭載され、2014年1月15日 (水) ~1月17日 (金) に東京ビッグサイトで開催される国際カーエレクトロニクス技術展で展示します。

 

特徴
高入力: 超急速充電が可能。6分間の充電で約9割の充電量を確保
高出力: コンパクトでありながら100Aまでの大電流放電が可能
長寿命: 期待寿命10年 (常温環境下において、充電・放電を1日1回行った場合)
異種電池との併用: エネルギー型リチウムイオン電池、リユース電池*3、鉛蓄電池との併用が可能

用途
小型電動車両、シニアカー、無人搬送機、昇降機、定置型蓄電システム、無停電電源装置などの電源

電気的性能
単モジュール (24V系5Ah) : 130Wh
ユニット構成の一例: 約1.3kWh (単モジュール×5直列×2並列)

外形寸法
(単モジュール)
幅=150mm、奥行き=250mm、高さ=150mm
質量: 3.5kg

 

ジード株式会社製 超小型モビリティ「ZieD α1」について

コンセプト
「二人の移動に必要最小限度のサイズで美しい乗り物」

特徴
ブレーキアシスト
~自動パーキングブレーキと坂道発進のヒル・アシスト

誤発進の防止
~超音波センサで障害物検出

Wウィッシュボーン サスペンション
~走行安定性を高めるため、約10cmのストロークを実現

4WS (4輪操舵)
~「回転半径」を出来るだけ小さく

今後、自動運転のため「ステア・バイ・ワイアー」に挑戦

販売予定
2014年商品化スタート、2015年市場投入 (予定)

 

このZieD α1は介護用とにとても効果を発揮しそうなコンセプトだと思います。

 

 

Comments are closed.