Monthly Archives: 12月 2013

日産超小型車 管理人の超小型車トーク 超小型車社会実験

神奈川県厚木市で超小型モビリティを玉川グリーンホーム(訪問介護)にて利用

 

こんにちわー!管理人のミッチョンです(・∀・)

昨日は3時間ぐらいかけて愛車ピノの洗車とコーティングを行いました。ワックスにしようかどうか迷ったのですが某カー用品店で色々と物色してると流行りはガラス系のコーティングが簡単で効果も期待出来るとのこと。実際に洗車後に使ってみましたが確かに簡単でピカピカになり驚きました!もうこれが手放せないですねー( *´艸`)

 

さてさて。2013年の超小型モビリティニュースも今日で最後です!個人的にはこれが1番活用方法があるのでは?と感じる「訪問介護」に活用するというニュースです。

 

神奈川県厚木市によると、日産ニューモビリティコンセプトを訪問介護の移動に利用する実証実験を1月から始めると発表しました。

 

日産ニューモビリティコンセプト

 

http://www.city.atsugi.kanagawa.jp/kaiken/teirei/d026876.html

主催
厚木市

協力
玉川グリーンホーム、日産自動車株式会社

日時
出発式 平成26年1月9日(木曜日)9時45分
実証実験期間 平成26年1月9日~3月8日

場所
玉川グリーンホーム(厚木市小野734-2)

目的
「厚木市・日産自動車グリーンモビリティ・プロジェクト」における、連携テーマの一つである電気自動車(EV)活用モデル事業について、超小型モビリティの機動性や静粛性などを生かして、介護施設における訪問スタッフの移動車両として利用する実証実験を実施し、地域の新たな交通手段の可能性を探ることを目的とします。

概要

本市が日産ニューモビリティコンセプト1台を玉川グリーンホームでの訪問介護スタッフの移動手段として活用し、寒冷期の使用による新たな課題等を把握します。 なお、国土交通省の超小型モビリティ認定制度を厚木市が申請し、すでに認定されています。 また、出発式については、市長、玉川グリーンホーム理事長、日産自動車関係者等が出席し、実施します。

内容
「厚木市・日産自動車グリーンモビリティ・プロジェクト」における最初の具体的な取組として実施するものです。 一般的には公道を走れない車が、関係者の御協力により、厚木市内を走行することで、今後の環境・交通先進都市の構築に向けて大きなアピールとなるものと考えています。

問い合わせ
厚木市 産業振興部 産業振興課
電話(046)225-2832

 

超小型モビリティが登場してから、これから日本が迎える超高齢化社会に活用されるだろうなーと思っていたので厚木市の取り組み結果に興味津々です。実際には荷物も積まないといけないでしょうから日産ニューモビリティコンセプトよりも、配達用のトヨタ車体コムスが向いてると思いますけどね(^_^;)

 

本日で超小型モビリティニュースの年内更新は最後ですが、来年はより多くの超小型モビリティニュースがある思われるので引き続き宜しくお願い致しますm(_ _)m

それでは皆様、良いお年をー♪

 

 

トヨタ車体超小型車 管理人の超小型車突撃レポート

セブンイレブンの配達用超小型モビリティを初目撃

 

こんばんわ~♪忘年会シーズンですが今年は全く潰れなかったミッチョンです( *´艸`)お酒の飲み方が大人になった気がします(笑)

 

さてさて。昨日の事なのですが会社の同僚とユニバーサル・スタジオ・ジャパンへ行くことになった(この時期にオンナ2人でUSJって…、お察しくださいw)のですが、道中立ち寄ったセブンイレブンになんと!超小型モビリティが配属されていたのです!

セブンイレブンの配達用超小型モビリティ

 

もうUSJのことよりトヨタ車体のコムスに夢中なワタシは、約15分ぐらい写真を取ったり観察したり、若干一緒にいた同僚は引き気味になっていましたw

展示会やモーターショーで見るのと違い、フロントガラス内に置かれている張り紙が、妙に実用感を醸し出していたのが印象的でしたね(・∀・)

残念ながら走行の様子は見れなかったのですが、今度は1人で訪れて張り込んでみようと思います!!!以上、超小型モビリティヲタクのミッチョンがお届けする突撃レポートでした(笑)

 

 

管理人の超小型車トーク 超小型モビリティ・セミナー

EV・PHVタウンシンポジウム in 青森 「低炭素型交通社会セミナー」

 

こんばんわ♪世間はクリスマス一色ですが、こちらはモツ鍋一色のミッチョンです(・∀・)そうです!今年はなぜかモツ鍋の忘年会が多いのです(笑)個人的にはちょと辛めがいいかなー(笑)

 

さてさて。青森県から超小型モビリティニュースをお届けします!

 

12月20日(金)にホテル青森でEV・PHVタウンシンポジウム in 青森 「低炭素型交通社会セミナー」というイベントが開催され、こちらに各社の超小型モビリティが出展されるようです!

 

http://www.pref.aomori.lg.jp/nature/kankyo/ev-phv-town_teitansokotusemina.html

地球温暖化の問題が深刻化する中、運輸部門における低炭素化がますます重要となっています。

国では、電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド自動車(PHV)などの次世代自動車の本格普及に向けた「EV・PHVタウン構想」を進めています。

青森県は北海道・東北地域で唯一「EV・PHVタウン」に認定され、その取組を進めていますが、一方で、北国では暖房や雪道走行など積雪寒冷地ならではの課題もあります。

本シンポジウムでは、次世代自動車普及の将来展望や低炭素型の交通社会像、産業振興など地域独自の取組を紹介し、低炭素型交通社会セミナーにおいて、北国におけるEV・PHVの可能性と低炭素型交通社会の姿を考えます。

開催概要

日時 平成25年12月20日(金) 10:00~16:00
※「低炭素型交通社会セミナー(県主催)」は14:30~16:00

場所 ホテル青森 3階「孔雀の間」(青森市堤町1-1-23)

参加料 無料(事前登録制)

定員 約200名

★当日は、目にする機会の少ない各メーカーの「超小型モビリティ」や、八戸工業大学が制作した「コンバート(改造)PHEV」の展示もあります!
★この機会にぜひ間近でご覧ください!!

★また、併催イベントとして、12月20日(金)、21日(土)13時~19時には「3Dプロジェクションマッピングin青森」も開催されます

 

チラシPDFを見ると、日産ニューモビリティコンセプト、トヨタ車体コムス、そして!ホンダMC-βが展示される模様です。気になる方はぜひ行ってみてください!!!

 

 

日産超小型車 管理人の超小型車トーク

北九州門司港の超小型モビリティを使った観光事業の動画

 

こんばんわ~♪宣言通りに神戸ルミナリエへ行ってきたミッチョンです( *´艸`)残念ながらウリボーライドへは寄れませんでした。幻想的な電飾の様子を皆様にお裾分け♪

神戸ルミナリエ

 

さてさて。次はどこへ観光へ行こうかなと色々と情報を探しておりますと、以前にご紹介した北九州市で超小型モビリティを活用した観光に、日産のニューモビリティコンセプトが採用されているのですが、その様子がYouTubeに上がっていたので貼っておきます♪

 



 

今年は多くの地域で超小型モビリティが観光用途に実験導入されていますので、年末年始の旅行先で見かけることがあるかもしれませんよ?その時はぜひレポートお願いします(・∀・)

 

 

durax超小型車 モーターショー

BMWイセッタ似の超小型モビリティ「D Face」がカッコイイ件

 

こんばんわー(・∀・)管理人のミッチョンです♪

明日は久々のお休みなので愛車の日産ピノで、夕方から神戸ルミナリエを見に行こうかな?と模索中です。その前に六甲山ウリボーライドに寄れたらいいのだけども、ピノの非力なエンジンでは山道厳しいですw

 

さてさて。今日は以前にお伝えしたU’eyes Designなど3社のデザイン企業によるLLPが世に送り出す超小型モビリティこと「D Face」についてお届けします。このD Faceですが先日の東京モーターショー2013に出展され、独創的なデザインとBMWイセッタを彷彿とさせるフロントドアが話題となり色んなサイトで紹介されています。

どこかに正式な画像とか無いのかな?と探していたところ、3社のうちの1社である株式会社D Artに詳細なページがありましたのでご紹介します。

 
D Face
 

http://www.d-art.jp/d-face/index.html

超小型モビリティdurax D-FACE

コンセプト ユーザセンタード超小型モビリティ、すてきに乗り降りしやすい前乗り方式採用、走行距離が延びる!先進パワー搭載

今後の予定 2014年モニター販売、2015年には量産として展開予定

 

・・・と、まるっきり謎です(T_T)

 

このD Artでは、かなりカッコイイ3輪バイクなども手掛けいて、今回のD Faceのデザインが飛び抜けている部分に納得してしまいました。興味がある方はぜひD Artのホームページをご覧ください。