Monthly Archives: 2月 2014

ホンダ超小型車

女性向けサイトPOWERWOMENにて、ホンダの超小型モビリティ「MC-β」の試乗会が開催されます

 

こんにちわー!相変わらずコタツから出れない管理人のミッチョンです(・∀・)

 

引き続き超小型モビリティニュースをお届けしますね!

 

女性向けサイトPOWERWOMENにて、ホンダの超小型モビリティ「MC-β」の試乗会が開催されるとのことでご紹介します!

 
女性向けサイトPOWERWOMENにて、ホンダの超小型モビリティ「MC-β」の試乗会が開催されます
 

 
http://powerwomen.jp/job_info/j-20140219/

ホンダのMC-βという軽自動車よりコンパクトな近距離移動型の新たなモビリティ。
試乗会に参加しませんか?
http://www.honda.co.jp/mc-beta/

・さいたま市内に居住の女性で 普通自動車運転免許証をお持ちの方
・20歳代後半~40歳代前半
・必要人数は、10数名~20名
・実施日:3月14日(金)9:30~12:30
・実施場所:さいたま市北区の北区役所周辺
※お子様連れOKです。試乗及びWS中の保育場所も準備させていただく予定です。
※予定謝礼 3,600円+交通費
※ペーパードライバーの方も参加できます。但し、申し込み時に、その旨をご連絡ください。
※雨天が見込まれる場合には試乗会を中止いたします。
 (前日の夕方を目安にご連絡させていただく予定)

お申込み、お問い合わせはこちらまで。 plus@powerwomen.jp

 

さいたま市に住んでいないとダメなのですねー(T_T)MC-βに乗れて謝礼貰えるなんて夢のよう・・・

 

そういえば、これまで超小型モビリティといえば展示会が多かったですが、これからは試乗会ってのもどんどん増えてきそうですね?

 

 

FOMM超小型車

水上移動が可能な超小型EV「FOMMコンセプトOne」タイで発売予定

 

こんにちわー!相変わらず寒い日が続きますね?コタツから出れないミッチョンです(T_T)

 

さてさて。今日はタイの超小型モビリティのお話です。割りとインパクトの大きいニュースだったので、既にご存知の方も多いと思います。神奈川県にある株式会社FOMMが、超小型モビリティ「FOMM コンセプトOne」を発表しましたのでご紹介します。

 
水上移動が可能な超小型EV「FOMMコンセプトOne」タイで発売予定
 

なかなか素敵なデザインですね(・∀・)ただしこちらはタイで販売されるとのこと。ちなみに4人乗りなので日本の超小型モビリティ規格には合いません(T_T)

 

水害等の緊急時には車体が水に浮いてジェット水流発生装置により水上移動が可能とのこと。簡単に言うと水陸両用の超小型モビリティでしょうか?

 

 

管理人の超小型車トーク

神戸ハーバーランドに超小型車モビリティが登場するかも?第5回「港都 神戸」グランドデザイン協議会の開催

 

いやー!寒いですねw洗車宣言しておきながら風邪引いてダウン中のミッチョンです(T_T)仕事に影響出ないよう今日中に治してみせます!

 

さてさて。神戸市の市政情報によると、ハーバーランドからHAT神戸に至る都心・ウォーターフロントの将来構想を協議するための第5回「港都 神戸」グランドデザイン協議会が開催され、今回の議題は新しい都市交通について(超小型モビリティ、コミュニティサイクル)とのこと。

 

気になる方は傍聴可能みたいなので行ってみてくださいねー!
神戸ハーバーランドに超小型車モビリティが登場するかも?第5回「港都 神戸」グランドデザイン協議会の開催

 

http://www.city.kobe.lg.jp/information/press/2014/02/20140214040201.html

趣旨
 ハーバーランドからHAT神戸に至る都心・ウォーターフロントは、六甲山の山並みと、穏やかな瀬戸内海に囲まれ、恵まれた自然環境のもとで、これまでの神戸の発展を牽引してきた中心的な地域です。
 神戸が、今後も都市間競争に負けない選ばれる都市であり続けるためには、この都心・ウォーターフロントを「デザイン都市・神戸」を具現化するリーディングエリアとして、新たな魅力と活力にあふれる地域にしていく必要があります。
 そこで、平成23年3月に長期的な将来構想である「港都 神戸」グランドデザインを策定し、「港都 神戸」グランドデザイン協議会では、情報共有や事業連携、課題対応活動など、グランドデザインの実現にむけ、市民・大学等・事業者・行政が適切な役割を果たす「協創」の取り組みを行っています。
 このたび、第5回協議会を以下のとおり開催いたしますのでお知らせします。

日時
平成26年2月21日(金曜)13時00分~15時00分

場所
神戸市産業振興センター10階レセプションルーム
神戸市中央区東川崎町1丁目8番4号 (神戸ハーバーランド内)

内容
・新しい都市交通について
 (超小型モビリティ、コミュニティサイクル)
・都心・ウォーターフロントでの取り組みについて

構成メンバー
(1)まちづくり団体
 ・旧居留地連絡協議会
 ・三ノ宮南まちづくり協議会
 ・みなと元町タウン協議会
(2)港湾関連団体等
 ・神戸旅客船協会
 ・ハーバーランド運営協議会
 ・兵庫県港運協会
 ・兵庫県倉庫協会
 ・メリケンパーク協議会
(3)学識経験者等
 ・神戸商工会議所
 ・神戸大学名誉教授 安田 丑作(会長)
(4)関係官庁
 ・国土交通省 近畿地方整備局 港湾空港部
 ・国土交通省 神戸運輸監理部 総務企画部
 ・国土交通省 第五管区海上保安部 
 ・財務省 神戸税関総務部企画調整室

傍聴
 定員10名(傍聴を希望される方は、当日の12時30分~13時00分まで、会場前にて受付をいたします。定員に達し次第、締め切らせていただきます。)

 

神戸メリケンパークとかハーバーランド・異人館ぐらいまで超小型モビリティで移動できたらめっちゃ便利だと思いますし、なによりスタイリッシュさが神戸らしい!超小型モビリティの普及を目指すミッチョン的にはアリです(・∀・)

 

 

みらいプロジェクト超小型車

大河原邦男デザインの超小型モビリティ「Hiriko」も登場する、みらいプロジェクトモーターショー in Niigata

 

こんばんわー!今週末も全国的に積雪が予想されるとのことで皆様お気をつけ下さい(・∀・)ちなみに管理人のミッチョンは愛車ピノちゃんの洗車を行う予定です!

 

さてさて。新潟県といえば超小型モビリティに力を入れている行政なのですが、そんな新潟県発で昨年の東京モーターショー機動戦士ガンダムぽい超小型モビリティとして、様々なメディアに取り上げられた大河原邦男デザインの超小型モビリティ「Hiriko」が、みらいプロジェクトモーターショー in Niigataに登場するとのことです!

 

大河原邦男といえば、ガンダムのほかに装甲騎兵ボトムズや蒼き流星SPTレイズナーなど数多くのアニメメカのデザインを行っている巨匠です!東京モーターショーで見れなかった方は是非とも足を運んでみましょうね♪

 
大河原邦男デザインの超小型モビリティ「Hiriko」も登場する、みらいプロジェクトモーターショー in Niigata
 

http://www.niigata-ev-phv.jp/news/653/

 新潟県では、地域内の新たな交通手段として期待される小型モビリティの関連産業の創造を推進しており、その一例として県内企業が取り組んでいる「みらいプロジェクト」は、各種メディアで取り上げられるなど、注目を集めています。

 今後の事業推進に当たり、小型モビリティを身近なものとして県民の皆様から関心を持ってもらえるよう、事業報告会を開催します。

 当日は、「みらいプロジェクト」の車両をデザインした、機動戦士ガンダムのモビルスーツデザインなどで有名なメカニカルデザイナー、大河原邦男氏らによるトークショーも開催します。

 入場料は無料、事前申込等は不要です。2月22日(土)、NEXT21にぜひお越し下さい! 


1名称
新潟県小型モビリティ推進事業報告会(みらいプロジェクトモーターショー in Niigata)

2日時
平成26年2月22日(土) 10:00 ~ 18:00(トークショーは14:00~1時間程度)

3場所
NEXT21アトリウム(新潟市中央区西堀通六番町)

4主な内容
(1)ブース展示
昨年11月の第43回東京モーターショー2013に出展された「みらいプロジェクト」ブースをNEXT21アトリウムに再現。ブース内に配置した超小型モビリティの1/1モックアップ等を公開します。

(2)トークショー みらいを作るデザインって?(仮)
 変化の激しいこれからの社会に求められるモノのデザインと、それがもたらす効果とは何か、県内での製造・導入を目指す超小型モビリティのデザインに込められたメッセージ等を紹介しながら、有識者が未来のデザインについて語ります。

トークショー登壇予定者:
パネラー
・大河原 邦男 氏(メカニカルデザイナー、「みらいプロジェクト」車両デザイン)
・和田 裕 氏(長岡造形大学学長、元いすゞ自動車㈱車両デザイナー)
モデレーター
・小畑 正好 氏(一般財団法人日本自動車文化振興会理事長)

 
ミッチョン的には、3段階に変形するHirikoも外せないのですが、実はイメージキャラクターの「末永みらい」チャンに萌え萌えなうです!だってぇ、可愛いじゃないですかーーーー!

 
大河原邦男デザインの超小型モビリティ「Hiriko」も登場する、みらいプロジェクトモーターショー in Niigata
 

でもこうやって、萌えキャラクターを起用することで新たな層の人達が超小型モビリティに興味を持ってくる訳なんですね!次はゆるキャラでも登場してこないかな?

 

 

シンクトゥギャザー超小型車

シンクトゥギャザーの開発する超小型モビリティ「eCOM-mini」が可愛い

 

こんばんわー(・∀・)全国的に大雪に見舞われて交通機関がマヒしている状況ですが、幸いにも週末だったので大きな影響の無い自宅待機のミッチョンです♪

 

個人的にはこんな日は超小型モビリティは車庫から一歩も出れないんだろうなーと感じていますが、超小型モビリティを使った大規模カーシャアリングで有名な「チョイモビ・ヨコハマ」ではどうなんだろ?って思いHPを見てみたのですが特に何もアナウンスされてませんでした。まぁ、普通の自動車も雪で立ち往生しているようなので超小型モビリティはやはり車庫から一歩も出ない方が無難ですね(^_^;)

さてさて。今日は新しい超小型モビリティを見つけたのでそれをご紹介します。観光用EVで有名な群馬県にある株式会社シンクトゥギャザーが、2人乗りの超小型モビリティを開発中で、この度ベアシャーシが完成しHPで公開されています。

 
シンクトゥギャザーの開発する超小型モビリティ「eCOM-mini」が可愛い
 

eCOM-mini 製作情報

かねてより製作中のeCOM-mini(二人乗り低速超小型モビリティ)のベアシャーシが完成し試走を行いましたので公開いたします。

この後、外装パネルや保安部品等を取付け車両として完成させる予定です。

eCOM-miniは全長1980mm、全幅1295mmの超小型モビリティです。観光地などでゆっくり気ままに乗っていただけるレンタモビリティを目指しています。

 

YouTubeにも走行の様子がアップされています↓

 

今回完成したのは車体部分なので、この上に外装が被せられるのですが何だかこのままでも十分に可愛い感じがします(・∀・)