Monthly Archives: 9月 2014

日産超小型車

横浜市×日産の超小型モビリティを活用したワンウェイ型大規模カーシェアリング「チョイモビ ヨコハマ」の実証実験期間が1年延長することに!

 

こんにちわー(・∀・)少し肌寒い季節になってきましたね!?ドライブや洗車に丁度いい季節だと思います♪ってことで、今日も早朝から愛車の日産ピノを優しく手洗い洗車してきた管理人のミッチョンですー♪

さてさて。先日お伝えしたホンダのカーシェアリング事業に対応すべき?発表されたのは、国内で最大級の成功を収めているといっても過言でない、横浜市と日産の手がける超小型モビリティを活用したワンウェイ型大規模カーシェアリング「チョイモビ ヨコハマ」が、なんと!201年10月21日で一旦サービスを休止したのち、11月1日よりシーズン2?として再開され、実質的に1年間の実証実験延長が决定された模様です!

 
横浜市×日産の超小型モビリティを活用したワンウェイ型大規模カーシェアリング「チョイモビ ヨコハマ」の実証実験期間が1年延長することに!
 

http://www.nissan-global.com/JP/NEWS/2014/_STORY/140919-01-j.html

「チョイモビ ヨコハマ」延長実施概要

実施期間:2014年10月1日(水)から2015年9月末
運用車両:「日産ニューモビリティコンセプト」 50台予定
※運用車両は利用実績を鑑み、70台から50台に減らし効率化を図ります
貸渡返却拠点(カーステーション):横浜駅・みなとみらい・関内を中心とした60箇所(約110台分)予定
※ステーション配置も利用実績をもとに、最適化いたします。
※カーステーションの詳細については「チョイモビ ヨコハマご利用のご案内」またはhttp://www.choi-mobi.com を参照ください。
走行範囲:横浜市内
※高速道路や自動車専用道路は走行できません。
料金体系:第2期から料金体系を見直し、会員登録を有料とし、個人利用に2つのプランを導入します。
Aプランは、通勤や法人での利用など、定期的に利用される方を想定しており、1,000円の月会費でひと月50分まで無料でご利用いただけます。51分以降の料金は第1期と変わらず20円/分です。
Bプランは、観光など都度でご利用する方を想定し、1分あたりの利用料金を30円としますが、月額会費は不要です。
会員登録料(安全講習及びICカード代):1,000円
Aプラン: 20円/1分 無料利用 50分/月 月額会費:1,000円
Bプラン: 30円/1分 無料利用 なし   月額会費: 0円
10月21日までは既存の料金体系で継続し、11月1日から新料金体系に移行します。なお、現在登録中の会員の方々には、10月以降、別途ご連絡します。
(10月22日から31日まではシステム更新のため、運用を一時停止します)
尚、第一期運用期間中の会員募集は9月30日までとなり、第二期運用では10月末に会員募集を開始します。
事業協賛の募集
持続可能なビジネスモデルの一つとして地元企業からの協賛、個人サポーターを募り運営します。
「日産ニューモビリティコンセプト」概要

リチウムイオン電池を搭載した電気自動車
最高速度時速:80km
長さ:234cm、幅:123cm、高さ:145cm、
車両重量:500kg、乗車定員:2名

 

第2期では第1期で出た課題について、色々と取り組みを行うみたいですよ。台数も少し減るんですね?

 

 

トヨタ超小型車 トヨタ車体超小型車

トヨタがフランスグルノーブル市でi-ROADやコムスを使った超小型EVカーシェアリング実験に参加!

 

こんばんわー(^^)超小型モビリティ関連のニュースをお届けしている管理人のミッチョンです♪

今日はワールドワイドなニュースですよ♪驚いちゃダメですよ(笑)

 

トヨタ自動車のプレスリリースによると、トヨタ自動車とフランスのグルノーブル市グルノーブル都市圏共同体、シテ・リブ社、フランス電力公社、ソデトレル社らと3年の期間で、超小型モビリティを活用したカーシェアリングの実証実験に参画するとのことです。

 
トヨタがフランスグルノーブル市でi-ROADやコムスを使った超小型EVカーシェアリング実験に参加!
 

http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/3962021/

仏グルノーブル市において、超小型EVを用いた新しいモビリティ・プロジェクト“Cite lib by Ha:mo(シテリブ・バイ・ハーモ)”が始動

グルノーブル市、グルノーブル都市圏共同体(以下、メトロ)、シテ・リブ社、フランス電力公社(以下、EDF)、ソデトレル社(EDFの完全子会社)、トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)は、10月1日より、公共交通機関と連携した新しいカーシェアリングサービス“Cite lib by Ha:mo”を開始する。このサービスでは、渋滞や大気汚染などの都市交通における課題に対応するために、公共交通機関を補完する近距離移動を超小型電気自動車(EV)が担う。各パートナーが専門技術、電力インフラ、ITインフラを持ち寄り、3年間の実証実験として行われ、トヨタは、運用に必要なシェアリングシステムと、超小型EVであるTOYOTA i-ROADとトヨタ車体(株)製のコムスをそれぞれ35台提供する。

本サービスでは、近距離でのワンウェイ利用(乗り捨て)が可能。利用者はあるステーションで車両を借り、別のステーションに返却して、使用時間分の料金を支払うこととなる。料金は初乗り15分まで3ユーロ、次の15分は更に2ユーロ課金、それ以降は15分毎に1ユーロずつ課金されていく。なお、同地域における公共交通機関の定期券所有者には割引が適用される(初乗り15分が2ユーロ、それ以降15分毎に1ユーロずつ課金)。また、メトロの経路検索システム(Station Mobile)とも連携することで、本サービスを含む、様々な移動手段を組み合わせた最適な経路が探索できるようになる。

グルノーブル市のジャック・ウィアール副市長は「グルノーブル市には、イノベーションに積極的に取り組んでいくことで、市民の生活をさらに良くしていくという伝統がある。本プロジェクトはまさにこの伝統に沿った取り組みである」と述べた。また(同都市圏内の)在住者の一部が自家用車の利用からカーシェアリングに移行した場合、CO2排出量の削減につながり得る。メトロのクリストフ・フェラーリ理事長は「本サービスは始まりに過ぎず、持続可能なモビリティに全方位で取り組んでいく」と述べた。

今回の参画にあたり、トヨタの内山田竹志会長は「本プロジェクトは、パートナーの皆様と『明日の都市交通を築きたい』という想いを共有したからこそ、実現した。こうした都市交通の分野は、次世代のトヨタにとって『新たな成長領域』となるものと考えている」と述べた。トヨタは、EVは都市内の近距離移動に適していると考えており、2012年10月より、愛知県豊田市において、本コンセプト(Ha:mo)に関する実証実験を開始しており、本グルノーブル市でのプロジェクトは、初の海外展開となる。

EDFはソデトレル社を通じて、27ヶ所の充電ステーションに、計120基の充電器を設置する。また、いくつかのステーションには、一般のEVやプラグイン・ハイブリッド車用の充電器も併設される。シテ・リブ社はグルノーブル市において、10年以上に渡りカーシェアリング事業を展開してきたノウハウを活かし、本サービスの運営を行う。

プロジェクトの概要

開始時期 : 2014年10月1日

実施期間 : 3年間

パートナーの役割
グルノーブル市 : カーシェアリング用の駐車スペースの提供
メトロ : 既存の経路検索システム(Station Mobile)との連携
EDF : 充電ステーション(27ヶ所/120基)の設置、その管理システムの開発・運営
シテ・リブ社 : カーシェアリングサービスの運営、カスタマーサービス、車両やステーションの日常管理
トヨタ : 超小型EV(70台)の供給。ユーザー・車・充電ステーション・経路検索システムを連携させる情報管理システムの開発・提供
詳細はこちら(英語のみ) :
http://newsroom.toyota.eu/pressrelease/4020//cit%C3%A9-lib-ha%3Amo-new-type-urban-mobility-based

 

実験の規模もスゴイですが世界規模での取り組みに少し鳥肌が立つ気持ちです(^^)トヨタの本気度はスゴイですね!?これがキッカケとなり、もっと早く超小型モビリティが普及すれば良いですね?

 

 

ホンダ超小型車

ホンダとさいたま市がMC-βによるワンウェイ型カーシェアリング「超小型EVにサクサク乗ってみませんか?」を開始

 

こんばんわー(^^)管理人にミッチョンです♪引き続き超小型モビリティニュースをお届けします!

 

さいたま市のプレスリリースによると、ホンダの超小型モビリティ「MC-β」を利用したワンウェイ型カーシェアリング「超小型EVにサクサク乗ってみませんか?」を実施するとのことです。

 
ホンダとさいたま市がMC-βによるワンウェイ型カーシェアリング「超小型EVにサクサク乗ってみませんか?」を開始
 

http://www.city.saitama.jp/001/009/004/002/004/p037484.html

さいたま市では「超小型モビリティの導入促進事業」の一環として、大宮駅周辺において新たな交通システムの可能性を検証するため、超小型モビリティによるワンウェイ型のカーシェアリング「超小型EVにサクサク乗ってみませんか?」を実施します。ぜひ、この機会に未来の乗り物「MC-β」にサクサク乗ってみませんか?

1 実施期間及び時間
期間:平成26年10月1日(水曜日)~11月30日(日曜日)
時間:9時~20時(時間が異なるステーション有)

2 ステーション
ステーションは大宮駅周辺を中心に34カ所(拠点ステーションは市営桜木駐車場)

3 利用について
1.「超小型EVにサクサク乗ってみませんか?」HPにて会員登録、講習会の受講後にご利用いただけます。
2.利用の際は、スマートフォン及び交通系ICカード等が必要になります。
3.料金は、はじめの10分間が100円、以降5分毎に100円が加算されます。

4 申込み、お問い合わせ
「超小型EVにサクサク乗ってみませんか?」事務局まで
電話番号:048-871-6720
ホームページ:https://www.sakunori.com/saitama/pc/index.html

 

専用のホームページが用意されており、これは横浜市と日産が行っている「チョイモビ・ヨコハマ」に対抗出来る事業規模だと思われます!

 

ホンダの「MC-β」が大好きなミッチョンは、是非さいたま市に行く機会があれば乗ってみたいと思います!

 

 

NTN超小型車

静岡県磐田市でNTN社の車両を用いた超小型モビリティ実証事業を開始

 

こんばんわー(^^)なんだか急に秋になりましたね?皆さん気温の変化で体調を崩されてないですか?ミッチョンは相変わらず休みになると寝溜めで体力回復な毎日です(笑)そして夕方より愛車の日産ピノの洗車をするのが至福の時です♪

 

さてさて。今日も超小型モビリティニュースをお届けしたいと思います♪

 

静岡県磐田市のプレスリリースによると、「超小型モビリティ」の公道走行を可能にし、次世代自動車産業の育成と市内企業の技術開発を促進するきっかけづくりのため、磐田市内で実証事業を開始するとのことです。

 
静岡県磐田市でNTN社の車両を用いた超小型モビリティ実証事業を開始
 

http://www.city.iwata.shizuoka.jp/shichou/pdf/kishakaiken/140828_01.pdf

磐田市内で「超小型モビリティ」実証事業を開始
~官民協働で新しい交通手段の普及へ~

【概要】
「超小型モビリティ」の公道走行を可能にし、次世代自動車産業の育成と市内企業の技術開発を促進するきっかけづくりのため、磐田市内で実証事業を開始します。

これは、市内に工場を持つ NTN株式会社が開発したインホイールモータ(ホイール内にモータを取り付け)を搭載した「超小型モビリティ」を公道で走行させ、開発企業は車両や駆動システムの性能検証を行い、市は日常的な使用における使いやすさなどを検証し、車両の活用や普及のためのPRを行うものです。

今回、静岡県と磐田市の連名により、国土交通省中部運輸局の認定を受け、開発車両を走行させるもので、静岡県内では初めて認定されました。

【具体的内容】
1 超小型モビリティとは
(1)軽自動車よりコンパクトで、地域の手軽な移動手段となる1~2人乗りの車両です。
(2)人口減少・高齢化社会において、新たな交通手段として期待されていて、その導入や関連制度の検討に向け、国土交通省が公道走行を可能にする認定制度を設けています。

2 事業概要
(1) 実証期間:平成 26 年 9 月 11 日~平成 28 年 9 月
(2) 利用方法:静岡県公用車、磐田市公用車、磐田信用金庫営業車、
磐田新産業創出協議会の会員企業等へ貸与し業務利用
(3)車両諸元値:別紙
(4)今後のスケジュール:別紙

【問い合わせ】
磐田市産業部産業政策課 ℡0538-37-4904

 

静岡県内では初めての認定とのことで、順調に全国に超小型モビリティが広がっている証拠ですね(^^)