Category Archives: 日産超小型車

日産超小型車

新潟県で超小型モビリティ実証実験「潟モビブラザースLagoon&Swamp」始まる

 

こんばんわー!今週も超小型モビリティ関連で気になるニュースをお届けしますねー。

 

新潟県で超小型モビリティ実証実験「潟モビブラザースLagoon&Swamp」始まる

 
https://gatamobi-bro-niigata.localinfo.jp/posts/490147

新潟県で「超小型モビリティ」を使った実証実験を行います!

2016年2月19日?3月20日の1ヶ月間、日本未発売の小さなモビリティを特別に許可を得て走らせ、超小型モビリティを使った地域ブランディングや企業ブランディングにチャレンジします。

かわいらしいモビリティ「潟モビブラザースLagoon&Swamp」が新潟を面白くする1ヶ月!

その様子をこのサイトからどんどん発信していきます!

 

デザイン会社さんが中心となって進行しているようで、サービス名称も公式サイトもとてもオシャレで親しみやすい印象ですね

新潟は雪の多い地域なので、超小型モビリティが生活にどのように役立つかも気になるところです(^^)

 

 

国土交通省プレスリリース 日産超小型車

国土交通省「超小型モビリティの導入促進」事業の対象案件の決定について

 

引き続き超小型モビリティニュースをお届けします。

 

既に各メディアで報道されていますが、国土交通省が新たな超小型モビリティの実証実験を決定したので下記に貼り付けておきますね♪

 
国土交通省「超小型モビリティの導入促進」事業の対象案件の決定について
 
http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha10_hh_000146.html

 国土交通省では、新たな外出・移動のきっかけをつくる超小型モビリティを活用し、地域特性を生かした魅力あるまちづくりを通じて地域振興・観光振興を図る観点や、成功事例の創出、国民理解の醸成を促す観点から、地方公共団体等の主導によるまちづくり等と一体となった先導導入や試行導入の優れた取組みを重点的に支援する「超小型モビリティの導入促進」事業を実施しております。
 本年4月28日から5月22日まで、本事業の支援対象となる案件の公募を行っておりましたが、この度、応募のあった事業計画について、外部有識者による評価結果も踏まえて選定し、本事業の支援対象とする案件を決定いたしましたので、お知らせします。

◆支援対象案件(内訳)
 事業数 3件(11台)
 ※ 詳細は別紙参照

◆支援内容
 車両導入費、導入計画策定費及び導入効果検証費の1/2を補助
 ※ 民間事業者等のみで実施する場合にあっては、上記経費の1/3を補助

◆外部有識者による評価
 「超小型モビリティの導入促進事業検討会」
  (早稲田大学理工学術院 紙屋雄史 教授、
   独立行政法人交通安全環境研究所 石井素 環境研究領域長)

件数が3件と少ないのにビックリですねぇ(T_T)最近少し超小型モビリティの一時期の勢いが無いのは事実です。もう少し注目されて欲しいですねぇ

 

 

日産超小型車

オークラフロンティアホテルつくばの「超小型モビリティ利用宿泊プラン」は7/10まで

 

こんにちわ~(^^)

 

ジメジメとした梅雨が鬱陶しいですね?こんな季節だとドライブにも行けなくて心もジメジメ模様に・・・。そんな時は超小型モビリティニュースでも如何ですか!?

 

さてさて。茨木新聞ニュースさんによると、つくば市吾妻のオークラフロンティアホテルつくばに超小型モビリティの実証実験として導入されている「超小型モビリティ利用宿泊プラン」が、いまいちパッとしない利用状況で、しかも期限は7月10日までということで利用促進を呼びかけているとのこと。

 


 
http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=14344624719538

つくば市のホテルで、1~2人乗りの超小型電気自動車(EV)を宿泊客に貸し出す試みが行われている。市が取り組む社会実証実験で、宿泊施設での導入の可能性を検証している。利用者が3月末の受け付け開始からまだ3人と少ないため、市で利用促進を呼び掛けている。期間は7月10日まで。

超小型EVはエネルギー消費がガソリン車の6分の1といわれる次世代カー。国土交通省の認定を受ければ実験車の公道走行が認められる。低炭素社会を目指す同市は2014年1月に認定を取り、2年間の実証実験をスタートさせた。

市はこれまで超小型EVを市民にも貸し出し、農業や観光、商業の分野で有効性を検証。今回のホテル利用はそれらに次ぐ実験で、オークラフロンティアホテルつくば(同市吾妻)が協力した。

車は1人乗りと2人乗りの計3台が用意され、「超小型モビリティ利用宿泊プラン」で申し込むと、最高6時間まで借りられる。運行範囲はつくば市内限定。乗車前にはパソコンを使った10分間の事前講習があるほか、利用後にアンケートの記入がある。

9日に利用した千葉市の会社役員、稲葉茂さん(41)は「セカンドカーとして買い物などで使えたらいいと思う。これで筑波山に登ったら爽快な気分になるのでは」と乗り心地を楽しんでいた。(今橋憲正)

 
つくば市は超小型モビリティの活用に積極的な自治体ですので、しっかりと広報活動をして利用に繋げて欲しいですね!!!

 

 

日産超小型車

チョイモビ ヨコハマが営業を再開

 

こんばんわー(^^)ようやく夏らしくなってきてクルマ好きの方には洗車日和ですね?勿論、管理人のミッチョンも愛車の日産ピノちゃんを1時間掛けて綺麗にしましたよー♪

 

さてさて。既に大手のニュースサイトなんかで話題になっているのでご存知の方も多いと思いますが、日産ニューモビリティコンセプトを利用したカーシェアサービスであるチョイモビ ヨコハマが2015/5/22より営業を再開したとのことです。

 
チョイモビ ヨコハマが営業を再開
 

http://www.choi-mobi.com/topics/information/608

会員による自動車専用道路走行の発生を機に、去る5月16日(土)より「チョイモビ ヨコハマ」の運行を休止しておりましたが、再発防止策について関係機関の合意が得られたため、明日23日(土)午前8時より運行を再開いたします。会員の皆さまには大変ご迷惑をおかけいたしましたが、引き続き安全運行の継続にご理解・ご協力の上、ご利用いただきますようお願い申し上げます。

走行禁止道路の入口は、ホームページ上の走行禁止道路マップにてご確認ください。

チョイモビが走行できるのは横浜市内の一般道のみです。横浜市内の以下の高速道路・自動車専用道路は、いかなる理由があっても走行禁止です。とくに本線合流前に料金所のない横浜新道、保土ヶ谷バイパス等の近辺では、誤進入しないよう細心の注意を払って走行してください。国道1号線のバイパス道路である横浜新道は一般道路区間もあり、有料道路区間の一部は125cc以下の二輪車も走行可能ですが、運営側の判断として指定区間は走行禁止とさせていただきます。

【走行禁止道路】
・首都高速道路 ・横浜新道 ・東名高速道路 ・横浜横須賀道路 ・第三京浜道路 ・保土ヶ谷バイパス

なお、再発防止策として、走行禁止道路の入口を一覧にまとめた走行禁止道路マップを作成し、ホームページにて公開しましたのでご利用前に必ずご覧ください。また専用アプリ「ちょこっとガイド」を含め、スマートフォン上でナビ機能をご使用されている場合は、高速・自動車専用道路の利用をナビが誘導するケースがあります。目的地設定前にナビを「一般道路優先」に設定し、出発前に必ずルート確認をしてください。

走行禁止道路の走行を含め、会員規約違反者は即刻退会処分とします。

走行禁止にさせて頂いた自動車専用道路は平均車速が高く、自他問わず事故等が発生した場合、利用者の皆様を大変危険な状況に置くことになります。また、進入した車両の一般道への退避誘導には道路管理会社、警察をはじめとする管理関係者の皆さまに大きな危険を伴う路上での作業をお願いすることになりますので、絶対にお止めください。上記の高速・自動車専用道路の入口近辺を走行される際は、ナビの誘導に頼らずご自身の目で進路のご確認をお願いいたします。進路に自信がない場合は、ハザードランプを点灯させながら周囲に注意を払った上で安全な路肩に一旦停車し、進路をご確認いただきますようお願いいたします。

また会員の皆さまの安全のため、運営事務局では走行中の車両の位置情報を適宜モニタリングしております。走行禁止道路を走行している可能性がある場合は、事務局から登録電話番号にお電話を差し上げるケースがあります。運転中の携帯電話の使用は道路交通法違反ですので、安全なところへ一旦停車してから、事務局まで折り返しご連絡ください。

なお、走行禁止道路の走行を含めて会員規約に違反した場合には、即刻退会処分といたします。加えて、規約の違反に起因する損害が発生した場合は、損害補償を請求する可能性もございます。くれぐれも運用ルールを守ってご利用くださるよう、重ねてお願い申し上げます。

チョイモビ ヨコハマ運営事務局
2015年5月22日

 

今後検討すべき課題が出たのは実証実験の目的でもあるので、よしとしましょう!

 

 

日産超小型車

奈良明日香村で超小型モビリティレンタルサービス「MICHIMO」がグランドオープン

 

こんばんわ(^^)

 

ようやく春らしい天気が続き、洗車が楽しい季節の到来ですね?今日は早速愛車の日産ピノをピカピカに仕上げてきた管理人のミッチョンです♪

 

ゴールデンウィークを間近に控え、どこに行こうかお悩み中のお父さんには、是非とも今日ご紹介する超小型モビリティレンタルサービス「MICHIMO」は如何でしょうか?

 
奈良明日香村で超小型モビリティレンタルサービス「MICHIMO」がグランドオープン
 

http://www.softbank.jp/corp/group/sbm/news/press/2015/20150407_01/

一般財団法人明日香村地域振興公社(奈良県高市郡明日香村、代表理事:森川 裕一)は、ソフトバンクモバイル株式会社(東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:宮内 謙)と協力し、超小型モビリティ※1のレンタルサービス「MICHIMO(ミチモ)」を2015年4月17日にグランドオープンします。

「MICHIMO」は、飛鳥地方を訪れる観光客向けに、タブレットを搭載した超小型モビリティを貸し出しするサービスで、2014年10月にプレオープンしました。このたびのグランドオープンに合わせ、超小型モビリティの充電を全て奈良県内の太陽光発電による電力に変更するとともに、超小型モビリティの台数を現在の2倍以上の17台に増やします。さらに、飛鳥地方の観光をサポートするアプリ「MICHIMOナビ」をバージョンアップしiBeaconに対応するなど、観光ソリューションの強化によって、より充実した観光体験を提供します。一般財団法人明日香村地域振興公社はソフトバンクモバイル株式会社とともに、「MICHIMO」を通じてさらなる地域の活性化に取り組みます。

 

グランドオープンに合わせて色々とバージョンアップされているようですね?