Category Archives: 近未来モビリティ

管理人の超小型車トーク 近未来モビリティ

矢野経済研究所が発表!2013年の超小型モビリティ国内販売台数は4,000台!

 

引き続き超小型モビリティニュースをお届けします!

 

調査分析などを行う矢野経済研究所の発表によると、2013年の超小型モビリティ国内販売台数は4,000台とのこと!その他超小型モビリティに関する資料として「超小型モビリティ市場の現状と将来展望」を15万円で発売中だそうです。

 
https://www.yano.co.jp/press/press.php/001227

調査要綱
矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内超小型モビリティ市場の調査を実施した。

1.調査期間:2013年8月~2014年2月
2.調査対象:超小型モビリティ関連事業を展開する企業、および関連団体・官公庁・自治体等
3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mail によるヒアリング、ならびに文献調査併用

<超小型モビリティとは>
本調査における超小型モビリティとは、国土交通省が「自動車よりコンパクトで小回りが利き、環境性能に優れ、地域の手軽な移動の足となる1~2人乗り程度の車両」と定義したカテゴリーのなかで、車道の走行が可能で二輪車に比べ安定感があり、取り回しのし易い車両である「電動ミニカー(1人乗り電動自動四輪車)」と「電動トライク(1~2人乗りの電動自動三輪車)」、また今後の法整備により車両規格の創設が予定されている「2人乗り小型EV(2人乗り電動自動四輪車)」を対象とする。

調査結果サマリー
◆2013年の超小型モビリティ国内販売台数は4,000台
2013年の超小型モビリティ国内販売台数は4,000台であり、そのほとんどが電動ミニカーである。現在、法人ならびに地方自治体・団体を中心に超小型モビリティ車両が保有されており、個人が保有しているケースは少ない。今後も2人乗り小型EVの規格が創設されるまでは個人ユーザー市場は拡大せず、国内販売台数は2013年と同程度の規模で推移するものと予測する。

◆新たな移動手段としての期待、自動車産業における新市場を創出する可能性も
超小型モビリティの普及は、低炭素社会の実現や、人口減少や高齢化といった環境変化に直面している地域社会における新たな移動手段となる可能性とともに、自動車産業に新たな市場を創出するものとしても期待されている。自動車メーカーや関連企業をはじめ、これまで自動車産業との関連がない異業種からの新規参入も相次いでいる。

◆今後の超小型モビリティの普及は「2人乗り小型EV」の車両規格が鍵
今後の超小型モビリティの普及には2人乗り小型EV(電気自動車)の規格動向が鍵を握るものと考える。2013年~2015年までは国土交通省の超小型モビリティ導入促進支援事業による取り組みが継続し、2016年に2人乗り小型EVの車両規格が創設されることを前提として、同規格が「電動ミニカー・電動トライク寄りの規格で創設された場合」と「軽自動車寄りの規格で創設された場合」という2つの普及シナリオによる市場予測を行った。

本格的な調査情報なのですね!?行政とかメーカーの方が購入するのかしら?ちょっと見てみたい(^^)

 

 

管理人の超小型車トーク 近未来モビリティ

電動一輪バイク「RYNO」が近未来モビリティ過ぎると話題に

 

こんにちわー!昨日クーポン券の割引目的で新しい美容院へ行きカットをお願いしたところ見事に失敗してしまったミッチョンです(T_T)やはり慣れ親しんだところへ行かないとダメですねー(T_T)

 

さてさて。そんなこんなでちょっと凹み気味だったのですが、こちらのニュースを見て暗ーい気分は吹っ飛びました!

アメリカのRyno Motorsという会社が一輪車型の電動バイク「RYNO」を発売することが決まったのですが、このRYNOがめちゃくちゃ格好良いのです!

 
電動一輪バイク「RYNO」が近未来モビリティ過ぎると話題に
 

PVも格好良い!

 

ただしセグウェイと同じで日本国内では法律の関係上公道は走れないので、イベントなんかで登場することになるでしょう(*´艸`*)しかし格好良い!ぜひ乗ってみたい!