Tag Archives: トヨタ車体

トヨタ車体超小型車

ピーチ・アビエーション、関西空港内の作業に超小型モビリティ「コムス」を利用

 

こんばんわ!管理人のミッチョンです(^^)

お花見も無事に終了してもう少し寝るとGWの幕開けですね!今年は愛車のピノで四国ドライブを計画中です♪

 

さてさて。格安航空会社のピーチが関西空港内の作業に「コムス」を使うことを発表しました。

 
ピーチ・アビエーション、関西空港内の作業に超小型モビリティ「コムス」を利用
 

http://response.jp/article/2016/04/06/272998.html

ピーチ・アビエーションは、関西国際空港内でトヨタ車体の超小型電気自動車(EV)「コムス」を活用したデモ試験運用を開始したと発表した。

空港施設内で超小型電気自動車の試験運用を行うのは日本で初めての試みとなる。

ピーチでは、コムスのP・COM、B・COMを1台づつ合計2台導入して今後3か月間、関西空港内で、航空機の運航支援に伴う付帯品の搬送やスタッフの移動などに活用する。

コムスは、機動性や経済性が高く、荷物も輸送できる超小型モビリティで、地方公共団体でカーシェアリングなどの実証実験車両として活用されている。

色が可愛いですね(^^)

 

 

トヨタ超小型車 トヨタ車体超小型車 超小型車社会実験

超小型モビリティ「コムス」を使ったを観光アトラクションサービス「ちゅらまーい Ha:mo」が開始!

 

皆様お久しぶりでーす♪管理人のミッチョンです♪

仕事がかな~り忙しくて、超小型モビリティの新着ニュースはもちろんのこと、WordPresのメンテナンス更新さえも出来ないで居ました(T_T)ゴメンチャイ♪

2月に入り少し余裕が出たので、以前のように更新頑張っていきます!(ホンマかいな)

さてさて。日本各地で様々な超小型モビリティの実証実験が行われていますが、トヨタ自動車が沖縄県で新しく「ちゅらまーい Ha:mo」という実証実験を開始したようなので紹介いたします。

 
超小型モビリティ「コムス」を使ったを観光アトラクションサービス「ちゅらまーい Hamo」が開始!
 

http://www.toyota.co.jp/jpn/hamo/location/okinawa/news/20160122.html

1月18日、沖縄県本部半島の本部町および今帰仁村で展開する超小型EVを利用した観光アトラクションサービス「ちゅらまーい Ha:mo」の出発式を開催しました。

式典では本部町および今帰仁村観光協会から、「新しい観光資源として大いに期待しています。必ずや新しい発見がありますので、体験をしに多くの人に訪れていただきたい」と紹介がありました。

「ちゅらまーいHa:mo」は、本部町や今帰仁村など6ヶ所に超小型EV 30台を配備し、全車両に「おすすめルート案内」機能が入ったタブレットを搭載。25ヶ所以上の観光スポットを結ぶ、Ha:moの観光地モデルとして初の試みです。

ルートは、4時間と2時間で廻る2種類(計8コース)から、滞在時間と自分の好みにピッタリのコースを選択することが可能です。

是非、本部半島に足を運んでいただき、「ちゅらまーいHa:mo」をご体験ください!!

 

導入される超小型EVは、トヨタ車体の「コムス」です。i-ROADだったら良かったのになぁと思うのは私だけ?

 

 

トヨタ車体超小型車

日本郵政グループ 全国で初めて超小型モビリティによる集配作業の実証実験開始

 

引き続き超小型モビリティニュースをお届けします♪

 

日本郵便株式会社東海支社が、トヨタ車体の超小型モビリティ「コムス」を使った集配作業の実証実験開始を開始すると発表しました。

 
日本郵政グループ 全国で初めて超小型モビリティによる集配作業の実証実験開始
 

https://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2015/08_tokai/0528_01.html

日本郵便株式会社東海支社(愛知県名古屋市、支社長 日野 和也)は、集配作業における超小型モビリティの実用性、操作性、安全性などを探るため、2015年6月4日(木)から、集配作業に本車両を導入し、実証実験を行います。

この実証実験は、国土交通省による「超小型モビリティ認定制度※」の認定を受けて実施するもので、超小型モビリティが集配作業用として公道走行するのは全国で初めてです。今回、認定制度の申請については、名古屋市・トヨタ車体株式会社・日本郵便株式会社の三者で構成する「超小型電気自動車の実証実験に向けた連絡協議会」が行いました。また、本実証実験を開始するにあたり、出発セレモニーを開催します。


1 配備車両の概要
トヨタ車体株式会社製「コムス」を超小型モビリティ認定制度保安基準に適合させ集配作業用として活用します。

市販タイプ(原動機付自転車扱い)では最大積載量は30kgですが、認定制度により本車両(軽自動車扱い)の最大積載量は60kgとなりました。

試行配備局
名古屋中央郵便局、昭和郵便局、名古屋北郵便局、名古屋中郵便局の 4 局

 

うわー!これは是非お目にかかりたい!

 

 

超小型モビリティ人気記事ランキング

2014年10月度の人気超小型モビリティ・ニュースTOP3

 

こんにちわー(・∀・)いよいよ秋が訪れる今日このごろ。ドライブの秋に徹しようかと思っている管理人のミッチョンです♪

 

さて。今日は2014年10月度の人気超小型モビリティ・ニュースTOP3をお届けして、そこから人気の超小型モビリティを割り出そうと考えています。

 
第1位
国土交通省「超小型モビリティの導入促進」事業の対象案件を决定。厚木市・横浜市・安城市の3案件
 

第2位
住友三井オートサービスが、さくら薬局へトヨタ車体の超小型モビリティの「コムス」をリース導入
 

第3位
高松市が医療&介護向けに超小型モビリティを試験導入!車種は日産ニューモビリティコンセプト!
 

気になる第1位は国土交通省のニュースなので、結局のところトヨタ車体のコムスと、日産のニューモビリティコンセプトが現在の人気超小型モビリティ車種ということになるのですかね?ミッチョン的にはホンダのMC-βに頑張って欲しいのですが♪

 

 

トヨタ車体超小型車

住友三井オートサービスが、さくら薬局へトヨタ車体の超小型モビリティの「コムス」をリース導入

 

こんにちわー(・∀・)大型の台風が日本列島を直撃していて自然災害が少し心配です・・・。

 

さてさて。住友三井オートサービスが、さくら薬局へトヨタ車体の超小型モビリティの「コムス」をリース導入するとプレスリリース発表がありましたので紹介いたします。

 
住友三井オートサービスが、さくら薬局へトヨタ車体の超小型モビリティの「コムス」をリース導入
 

クラフト株式会社(さくら薬局)超小型モビリティ コムス 導入へ ~住友三井オートサービスよりリース~
http://www.smauto.co.jp/news/20141006AM1000.pdf

クラフト株式会社(本社:東京都千代田区 社長:森 要、以下「クラフト」)は、住友三井オートサービス株式会社(本社:東京都新宿区 社長:土井雅行、以下「住友三井オートサービス」)を通して、トヨタ車体の超小型モビリティ「コムス」を導入することとしました。

クラフトでは、調剤薬局チェーンの草分けとして 1983 年に「さくら薬局」を出店し、全国に展開しています。最も身近な医療提供施設として、安全かつ最良のサービスを提供するためのシステム&ネットワークの構築をはじめ、他社に先駆けての「24 時間処方箋応需体制」「在宅介護支援」など、医療サービスを総合的に提供するヘルスステーションとしての機能を発揮しています。

今回の導入にあたり、クラフトでは、「患者さまのニーズに応え、質の高い医療サービスを提供し、地域社会から信頼される企業づくりを目指す」ことを基本理念としており、患者さまへお薬をお届けするだけではなく、在宅医療支援にあたり、患者さまやご家族のニーズに応え、ご自宅を訪問する際に使用する車両について、環境にやさしい超小型モビリティを活用することで、周辺地域への騒音低減及び排気ガス防止に繋げたいと考えております。

住友三井オートサービスは、超小型モビリティなどの次世代車両導入・活用について、「グリーンフリート・マネジメント」(Green Fleet Management)をキーワードに、お客さまが快適且つ効率よく活用するため、導入から周辺サポート、導入後の運用に至るまでのサポートを積極的に取り組んでいます。今回、コムスを導入されるクラフトに対し、導入前の諸手続きから導入後の運用に至るまで円滑なサポート取組を行います。

住友三井オートサービスは、コムスを導入するクラフトに対し、次世代車両及び周辺環境の普及促進に向け、今後も積極的に取組んで参ります。

 

クラフトでは在宅介護支援事業も行っているので、超小型モビリティの活用に注目したいですね!また、住友三井オートサービスは今後も積極的に超小型モビリティの促進を期待したいなと個人的に思っています(・∀・)