Tag Archives: ルノー

ルノー超小型車 国土交通省プレスリリース 日産超小型車 超小型車社会実験

国土交通省が新たな超小型モビリティ事業を決定!ルノー「Y09」?

 

こんばんわ~♪すっかり更新がスカスカになってしまってる手抜き管理人のミッチョンです( *´艸`)

どれだけ手抜きかと言うと、国土交通省が新たな超小型モビリティ事業を决定したのにすっかり見落としてしまうぐらい(T_T)・・・すいません。ちょっとプライベートがとても忙しいのです(言い訳w)

 

さてさて本題です。そう!新たな超小型モビリティ実証実験が決定したのですよ!

 

http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha10_hh_000126.html

「超小型モビリティの導入促進」事業の対象案件の決定について
国土交通省では、超小型モビリティの普及や関連制度の検討に向け、成功事例の創出、国民理解の醸成を促す観点から、地方公共団体等の主導によるまちづくり等と一体となった先導導入や試行導入の優れた取組みを重点的に支援する「超小型モビリティの導入促進」事業を実施することとしております。
 本年4月7日から5月9日まで、本事業の支援対象となる案件の公募を行っておりましたが、この度、応募のあった事業計画について、外部有識者による評価結果も踏まえて選定し、本事業の支援対象とする案件を決定いたしましたので、お知らせします。
 なお、今年度内に追加で事業計画の公募(本年度第2回)を行う予定です。

支援対象案件
事業数10件(51台)

申請者 《導入地域》
(事業の関係者)
導入する超小型モビリティ
厚木市 《神奈川県厚木市》
(玉川グリーンホーム(社会福祉法人)、日産自動車(株)、厚木先行技術開発センター)
ルノー「Y09」 1台
広島市 《広島市》 日産「New Mobility Concept」 6台
智頭町超小型モビリティ導入推進協議会 《鳥取県八頭郡智頭町》(智頭石油株式会社、鳥取県、智頭町、智頭町観光協会) 日産「New Mobility Concept」 2台
鹿野町超小型モビリティ導入推進協議会 《鳥取県鳥取市鹿野町》(智頭石油株式会社、株式会社ふるさと鹿野、鳥取県、鳥取県鳥取市) 日産「New Mobility Concept」 2台
よなご超小型モビリティ導入推進協議会 《鳥取県米子市》(株式会社岡田商店、智頭石油株式会社、鳥取県米子市、鳥取県) 日産「New Mobility Concept」 2台
海士町観光協会 《島根県隠岐郡海士町》(海士町観光協会、島根県海士町、隠岐國商工会) 日産「New Mobility Concept」 2台
飛鳥情報交通協議会 《奈良県明日香村、橿原市、高取町》((一社)明日香村地域振興公社、奈良県明日香村、奈良県橿原市、奈良県高取町) 日産「New Mobility Concept」 20台
高松市街地モビリティ推進協議会 《香川県高松市》(一般財団法人三宅医学研究所、日産プリンス香川販売株式会社、香川県高松市) 日産「Neew Moobility Cooncept」 nce 3台
五島市EV・ITS実配備促進協議会 《長崎県五島市》(長崎県五島市他42団体) 日産「New Mobility Concept」 3台
姫島エコツーリズム推進協議会 《大分県東国東郡姫島村》(T・プラン株式会社、大分合同新聞姫島プレスセンター、姫島観光LLP「島の風」、姫島女将の会「きちょくれ」、姫島村商工会、姫島村、パシフィックコンサルタンツ株式会社) 日産「New Mobility Concept」 10台

支援内容
車両導入、事業計画立案及び効果評価費等の1/2(民間事業者等にあっては1/3)

外部有識者による評価
「超小型モビリティの導入促進事業検討会」
(横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院長中村文彦教授他)

 

なんと!ほとんどが日産ニューモビリティコンセプトなのですね!?とてもビックリです!

しかし玉川グリーンホームへ導入されるルノーY09ってどんな車両ですかね!?RENAULTが海外で展開している超小型モビリティは日産ニューモビリティコンセプトと兄弟車になるので、また別の車両なのでしょうか!?

 

 

ルノー超小型車 日産超小型車

ユーロNCAPがルノーの超小型モビリティ『Twizy』を最低評価

 

こんばんわ!今日は素晴らしい天気だったので愛車の日産ピノちゃんを洗車してきましたよ(^^)

 

さてさて。今日は超小型モビリティの未来に関わってくる記事です。ユーロNCAPという簡単にいうと「自動車の衝突安全性を調べる機関」が、ルノーのTwizy(トゥイジー)は最低レベル!乗員の生命に危険が及ぶ恐れがある!と評価した模様です。

 

そうです!ルノーのトゥイジーと日産ニューモビリティコンセプトは兄弟車となるので、つまりは日産ニューモビリティコンセプトにも安全性の問題あり?てことになるのです!

 
衝突実験の様子↓

 

日本各地で行われている超小型モビリティの実証実験で、衝突事故のニュースはまだ聞いたことが無いのですが、いずれ正式に超小型モビリティが認可されて、街に超小型モビリティが溢れだすと必ずこの問題は避けて通れないことだと思います。

 

 

ルノー超小型車 日産超小型車

日産の超小型車「ニューモビリティコンセプト」のYoutube動画

 

こんばんわ~♪お盆休み如何お過ごしですかー?昨夜は和歌山の奥地でペルセウス座流星群を見てたミッチョンです( *´艸`)もちろん愛車ピノで行きましたが非力さに呆然としましたwww

 

ちなみに日産ピノはスズキアルトのOEMです!知ってましたか?そして、日産ニューモビリティコンセプトは、ルノーのトゥイージーと兄弟車(アルファードとヴェルファイアみたいなの)です。ってことで、今日は日産ニューモビリティコンセプトの動画をお届けしますね♪

 

 

町中の人々が珍しくこっちを向いてるのが印象的ですね( *´艸`)次回は海外の動画でトゥイージーのを探してみようかと思います。あ!その前にミッチョンの本命「ホンダのマイクロコミュータープロトタイプ」を特集したいと想います♪

 

 

ルノー超小型車

ルノーの超小型EV「トゥイジー」に商用車バージョン「トゥイジーカーゴ」が登場

 

どうも、ミッチョンです(・∀・)

このサイトのTOP画像にも使用しているルノーの「トゥイジー」に商用車バージョンが登場したようです。主に配送などの用途を想定しているようです。

ルノー トゥイジーカーゴ

ニュース配信元:RESPONSE
http://response.jp/article/2013/04/26/196977.html

フランスの自動車大手、ルノーは6月24日、『トゥイジー カーゴ』の概要を明らかにした。超小型EV、『トゥイジー』の商用バージョンとなる。

トゥイジーは2009年のフランクフルトモーターショーでプロトタイプ、翌年のパリモーターショーで市販版を発表。全長2337mm、全幅1191mm、全高1461mmという超小型、バッテリーを含めても450kgという超軽量ボディのシティコミューターEV。

スペース効率を最大限に引き出すため、2名の乗員は前後に座る。モーターは2種類のパワー特性。最大出力9ps版は最高速45km/h、17ps版は最高速85km/h。満充電での航続距離は、ともに約100km。

今回ルノーが発表したトゥイジー カーゴはトゥイジーの商用版。トゥイジーのリアシートを取り去り、利便性の高い荷物スペースとしたのが最大の特徴。荷室容量は180リットル(VDA計測法)、最大積載量は75kgとした。

後部ドアは新設計。90度の角度まで横に開き、荷物の積み下ろしに配慮している。

正直なところ高いなぁってイメージですね(・∀・)あまり魅力を感じないですwww