Tag Archives: 日本板硝子

トヨタ超小型車 モーターショー

世界最薄の自動車用合わせガラスがトヨタi-ROADに採用 日本板硝子

 

こんばんわー!超小型モビリティFANの管理人こと、ピノ乗りのミッチョンです(・∀・)平日はあまり時間が無くて更新を怠ってしまうのですが、東京モーターショー2013の影響もあり記事が多いので今日は頑張ってUPします!

 

東京モーターショー2013では、ターンシグナルランプが付くなどより実用的な最新型のトヨタi-ROADが公開されていますが、そのトヨタi-ROADのフロントガラスに関して、日本板硝子のプレスリリースによると、自動車ガラスのフロントウィンドシールドとしては世界最薄厚のものを提供していることが判明しました!

 

世界最薄の自動車用合わせガラスがTOYOTA i-ROADに採用されています

http://www.nsg.co.jp/ja-jp/media/announcements-2013/windshield-for-toyotas-concept-vehicle

11月23日(土)~12月1日(日)に東京ビックサイト(東京都江東区)で開催されている第43回東京モーターショーに、トヨタ自動車株式会社より出展されるパーソナルモビリティ「TOYOTA i-ROAD」のフロントウィンドシールドに当社製の合わせガラスが採用されています。

自動車ガラスのフロントウィンドシールドとしては世界最薄厚(※当社調べ)となる、車外側2.0mm+車内側1.0mmの合わせガラス(*1)です。自動車においてCO2削減・低燃費化のため軽量化が必須となっており、ガラスもそのニーズにお応えするため軽量化に取り組んでいます。当社は最新のシミュレーションとプロセス技術を駆使し、フロントウィンドシールドガラス薄板化の技術確立に成功いたしました。透視性を含めた各国法規等自動車ガラスに要求される品質を確保した上で、従来標準仕様品と比べて23%の軽量化を達成しました。

(*1) 2枚のガラスの間には中間膜が挟まれています。

 

普通にポリカーボネート素材だと思っていたのですがガラスだったのですね!?しかも世界最薄厚の!?

しかし、このトヨタi-ROADはいったいいくらのコストが掛かっているのでしょうか???