Tag Archives: 茨木新聞ニュース

日産超小型車

オークラフロンティアホテルつくばの「超小型モビリティ利用宿泊プラン」は7/10まで

 

こんにちわ~(^^)

 

ジメジメとした梅雨が鬱陶しいですね?こんな季節だとドライブにも行けなくて心もジメジメ模様に・・・。そんな時は超小型モビリティニュースでも如何ですか!?

 

さてさて。茨木新聞ニュースさんによると、つくば市吾妻のオークラフロンティアホテルつくばに超小型モビリティの実証実験として導入されている「超小型モビリティ利用宿泊プラン」が、いまいちパッとしない利用状況で、しかも期限は7月10日までということで利用促進を呼びかけているとのこと。

 


 
http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=14344624719538

つくば市のホテルで、1~2人乗りの超小型電気自動車(EV)を宿泊客に貸し出す試みが行われている。市が取り組む社会実証実験で、宿泊施設での導入の可能性を検証している。利用者が3月末の受け付け開始からまだ3人と少ないため、市で利用促進を呼び掛けている。期間は7月10日まで。

超小型EVはエネルギー消費がガソリン車の6分の1といわれる次世代カー。国土交通省の認定を受ければ実験車の公道走行が認められる。低炭素社会を目指す同市は2014年1月に認定を取り、2年間の実証実験をスタートさせた。

市はこれまで超小型EVを市民にも貸し出し、農業や観光、商業の分野で有効性を検証。今回のホテル利用はそれらに次ぐ実験で、オークラフロンティアホテルつくば(同市吾妻)が協力した。

車は1人乗りと2人乗りの計3台が用意され、「超小型モビリティ利用宿泊プラン」で申し込むと、最高6時間まで借りられる。運行範囲はつくば市内限定。乗車前にはパソコンを使った10分間の事前講習があるほか、利用後にアンケートの記入がある。

9日に利用した千葉市の会社役員、稲葉茂さん(41)は「セカンドカーとして買い物などで使えたらいいと思う。これで筑波山に登ったら爽快な気分になるのでは」と乗り心地を楽しんでいた。(今橋憲正)

 
つくば市は超小型モビリティの活用に積極的な自治体ですので、しっかりと広報活動をして利用に繋げて欲しいですね!!!