Tag Archives: 観光

日産超小型車

大分県姫島村にて日産ニューモビリティコンセプトを使ったレンタル事業を開始

 

こんばんわ(^^)今日も全国的に寒い1日でしたね?早く暖かくならないかなー

さてさて。大分合同新聞によると、大分県姫島村にて日産の超小型モビリティ「ニューモビリティコンセプト」を使ったレンタル事業が開始されたとのことです。観光に一役買うといいですね(^^)

 
大分県姫島村にて日産ニューモビリティコンセプトを使ったレンタル事業を開始
 

https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2015/02/14/210819217

 姫島村で「超小型モビリティ」の観光客向けレンタル事業が始まった。ガスを排出しない2人乗り電気自動車で、外周約17キロの一島一村内を巡ってもらう。国交省九州運輸局によると、超小型モビリティを導入したまちづくりは2013年度以降、全国に30例ほどで県内では初めてという。

 手掛けるのは村内出身、寺下満さん(42)が社長の技術コンサルタント業T・プラン(中津市)。日産自動車の「日産ニューモビリティコンセプト」(全長約2・3メートル)5台を、姫島港フェリー乗り場前の事務所で貸し出す。
 貸出料は1時間2千円から。現在は一般の家庭用電源で充電している。将来は自社製の充電ステーションを使い、動力の全てを太陽光で賄う予定という。
 村によると、島には年間約4万人の観光客が訪れるが公共交通機関がない。
 課題解決に向け、T・プランが2013年、自然エネルギーを生かした観光周遊モデルの実証実験をした。昨年、官民で「姫島エコツーリズム推進協議会」を設立。T・プランが今回のレンタル事業を受託し、1月末にスタートさせた。
 同社によると、利用はまだ1件のみ。今後、キャンペーンに力を入れる。村民にも知ってもらいたいと、3月末まで限定の割り引きを実施している。
 同社担当の吉用(よしもち)直江さん(37)は「早期に自然エネルギー100%の周遊モデルを実現したい。いろいろなアイデアで、地域振興に役立ててもらえればうれしい」と話している。
 問い合わせは協議会事務所(TEL080・6452・0263)へ。 

利用はまだ1件と寂しい状況ですが、これから認知度が上がって賑わうことだと思います!

 

 

ホンダ超小型車

ホンダの超小型モビリティ「MC-β」が阿蘇市と芦北町で観光向け実証実験スタート

 

こんばんわー(^^)まだ6月だというのに夏バテ気味な管理人のミッチョンです♪最近はニュースの少ない超小型モビリティですが、今日は気になる情報を発見しましたよ!!!

 

gooニュースによると、7月1日から熊本県の阿蘇市と芦北町でホンダの超小型モビリティ「MC-β」を活用した観光向け実証実験が新たにスタートするとのこと。

 
ホンダの超小型モビリティ「MC-β」が阿蘇市と芦北町で観光向け実証実験スタート
 

http://news.goo.ne.jp/article/mainichi_region/region/mainichi_region-20140621ddlk43040666000c.html

 県とホンダなどは来月1日、阿蘇市と芦北町で2人乗りの電気自動車(EV)「超小型モビリティ」を観光客に貸し出す社会実験を始める。新たな観光ルートの開拓など観光振興への効果を調べるのが狙い。

 超小型モビリティは車体が小さく、渋滞緩和や省エネなどの効果が期待されている。今回は国からの補助を受け、ホンダの「MC-β」を導入して9月30日まで貸し出す。

 阿蘇市ではJR阿蘇駅にあるレンタカー事業所に5台を配備。利用時間は1回最大5時間で、走行エリアは阿蘇地域に限定。レンタル料は1時間1000円だが、3000円を上限とする。芦北町では御立岬(おたちみさき)公園管理事務所に3台を配備。公園内施設の宿泊者のみに無料で貸し、走行エリアは御立岬内とする。

 県産業支援課は「超小型モビリティを利用した後の観光客にアンケートし、行き先の変化などを調べたい」と話している。【松田栄二郎】

 

熊本県の産業支援課発表だと、当初は以下の予定だったみたいです。

11月22日から11月25日 熊本市
11月26 阿蘇市
12月2日から12月6日 大津町・菊陽町
12月9日から12月13日 熊本市
12月16日から12月17日 水俣市
12月18日から12月20日 芦北町
12月23日から12月27日 天草市

 

色々と調整とかが大変そうですもんね(^_^;)

 

 

コボット超小型車 トヨタ車体超小型車

九州糸島市「白糸の滝」の超小型モビリティレンタルがリニューアル!

 

以前にお伝えした九州糸島市の超小型モビリティレンタル事業がリニューアルオープンしたとのことです!そうです!キャベジンでお馴染みのあのコボットちゃんです!

 
九州糸島市「白糸の滝」の超小型モビリティレンタルがリニューアル!
 

http://blog.meiwa-ss.co.jp/?eid=173108

白糸の滝での「山側観光用 超小型モビリティレンタル」、2014年春も始まりました!

100%電気の力で走る新しい乗り物で、白糸の滝から森林浴をしながらの林道散策。糸島の新しい観光の目玉となるべく、今春リニューアルオープンです!

まず、車両についてですが・・・

昨年注目を集めた、2人乗りの超小型モビリティ「コボット シータ」

この車両は、国土交通省が創設した「超小型モビリティの認定制度」に基づき、九州では初めて認定を受け、しかも現状では、白糸を起点とした広域基幹林道のみ走行できる新しくて貴重な乗り物なのです。

他にも、1人乗り超小型モビリティ「コムス」や、よりパワーアップした電動バイクもご用意致しております。

次に、走行ルートについて・・・

白糸を起点とした広域基幹林道のコースが広がり、ルートもグレードアップしました!

二丈方面の極楽展望台までの西側コース上に、お客様からのご要望の多かった見晴らしのいい展望台が2ヶ所も増えました。

波呂(はろ)展望台と一貴山(いきさん)展望台。

どちらも糸島半島が一望でき、西側コースの絶景ポイントが増えました。

さらに、前原雷山方面の東側コースが開通し、雷山千如寺や雷(いかづち)神社までのルートが加わりました。

今年度の山側観光用レンタルは開始早々の4月に、小川洋福岡県知事が糸島を訪問され、その際に2人乗りの超小型モビリティに試乗していただくことができ、際先のいいスタートを切ることができました!

営業日は、土日祝日のみとなっており、山側の天候により営業中止となることもございますので、当日の営業確認は下記の専用連絡先までお願いします。

090-3913-3428

(ゴールデンウィークと7月、8月は毎日営業となっております。)

皆様のお越しをお待ちしております。

 

あれ?こちらも始まった当初はコボットだけだった記憶なのですが、コムスが増えてサービス品質が大きく上がってますね!特に糸島市の観光用途への超小型モビリティはかなり力入ってると思いますので、是非観光へ行かれる方は利用してみてください(^^)

 

 

日産超小型車 管理人の超小型車トーク

北九州門司港の超小型モビリティを使った観光事業の動画

 

こんばんわ~♪宣言通りに神戸ルミナリエへ行ってきたミッチョンです( *´艸`)残念ながらウリボーライドへは寄れませんでした。幻想的な電飾の様子を皆様にお裾分け♪

神戸ルミナリエ

 

さてさて。次はどこへ観光へ行こうかなと色々と情報を探しておりますと、以前にご紹介した北九州市で超小型モビリティを活用した観光に、日産のニューモビリティコンセプトが採用されているのですが、その様子がYouTubeに上がっていたので貼っておきます♪

 



 

今年は多くの地域で超小型モビリティが観光用途に実験導入されていますので、年末年始の旅行先で見かけることがあるかもしれませんよ?その時はぜひレポートお願いします(・∀・)

 

 

トヨタ車体超小型車 超小型車社会実験

スマホ活用な超小型モビリティレンタルサービスが福岡市で開始!

 

こんばんわー!グランツーリスモ6の購入をまだ悩んでいるミッチョンです(・∀・)!欲しいけど絶対に遊ぶ時間無いんですよねーw

 

さてさて。今日はかなり異色な超小型モビリティニュースをお届けします!

福岡県の株式会社リーボと株式会社シティアスコムが中心となって設立された、福岡超小型モビリティ推進協議会(福岡市中央区、会長:松尾 龍馬、英名:Fukuoka Ultra Lightweight Vehicle Advance Conference、 以下:FULVAC)は、スマートフォンのアプリを活用した先進的な超小型モビリティのカーシェア事業を開始するとのこと。

 
福岡超小型モビリティ推進協議会
 

http://www.city.co.jp/news/162-news47.html

超小型モビリティ、福岡市博物館を拠点に稼動開始!

当社が参加する「福岡超小型モビリティ推進協議会(FULVAC)」の事業が12月1日(日)より福岡市博物館を拠点にスタートします。

福岡市博物館と連携して新しい超小型モビリティの可能性を追求
福岡市博物館でトヨタ車体製の超小型モビリティ「コムス」を利用した観光案内を行います。単なる移動手段としてだけではなく、利用動機となるコンテンツ(クロカン×ラヂオ)をプラスアルファすることで、超小型モビリティの利用シーンの拡大を目指しています。

特徴として、会員登録、予約、利用開始、返却まで全てをスマートフォンから行います。また、スマートフォンアプリから黒田官兵衛ゆかりの観光ルートをマップや写真と共に参照できます。

事業予定期間:2013年12月1日 ~ 2014年3月31日

⇒クロカン×ラヂオ公式ウェブページへ(http://kurokanradio.com/)
⇒Facebookページへ(https://www.facebook.com/KurokanRadio)
⇒Twitterページへ(https://twitter.com/KurokanRadio)
⇒Instagramページへ(http://instagram.com/KurokanRadio)

 

超小型モビリティの予約や観光中のガイドもスマートフォンのアプリで出来るなんて、全てがスマートで先進的な取組みだなぁとミッチョン的に感心しております(・∀・)ホームページのデザインもGooD!!!