Tag Archives: 超小型車

NTN超小型車

大和ハウス工業が販売する「スマ・エコタウン陽だまりの丘」にNTNの超小型モビリティが配備

 

こんばんわー!毎日が暑くて行動力が衰えている管理人のミッチョンです(T_T)もちろん洗車なってもってのほかw

 

さてさて。自動車メディアのレスポンスによると、大和ハウス工業が販売する「スマ・エコタウン陽だまりの丘」にNTNの超小型モビリティが配備されるようです。

 
大和ハウス工業が販売する「スマ・エコタウン陽だまりの丘」にNTNの超小型モビリティが配備
 

http://response.jp/article/2015/07/28/256596.html

エリーパワーは、同社開発・製造した大型リチウムイオン電池セルが、大和ハウス工業の開発・販売する三重県桑名市の戸建分譲住宅地「スマ・エコタウン陽だまりの丘」に導入される超小型モビリティに搭載されたと発表した。

超小型モビリティ「元気いっぱいあおぞら号」は、NTNが独自開発したインホイールモータシステムを搭載する。軽自動車よりもコンパクトで小回りが利き、環境性能に優れ、地域の手軽な移動の足となる2人乗り車両。

「スマ・エコタウン陽だまりの丘」では入居者の住宅地での移動手段として活用、将来性を検証する。

超小型モビリティの共同ステーションには、太陽光/蓄電ハイブリッドシステムと室内用蓄電システムが設置されるほか、全66戸の住戸に家庭用蓄電システムが導入され、超小型モビリティの充電設備として使用される。

 

なかなか可愛いデザインですね?

 

 

トヨタ超小型車

Rinkakが「TOYOTA i-ROAD」のカスタマイズパーツを提供

 

こんばんわ(^^)梅雨と夏の境目ってことでなかなか気分が晴れないですよね?そういう時は夜の高速道路ドライブがオススメですよ♪好きな音楽を聞いてバビューンとドライブするとスッキリしますよ♪まぁ、管理人の愛車は日産ピノなのでバビューンとは行きませんが(T_T)

 

さてさて。Rinkakが「TOYOTA i-ROAD」のカスタマイズパーツを提供するというニュースが出ていたのでご紹介しますね

 
Rinkakが「TOYOTA i-ROAD」のカスタマイズパーツを提供
 

https://www.rinkak.com/jp/news/openroad-rinkak-jp

株式会社カブク(本社:東京都渋谷区、代表取締役:稲田 雅彦、以下カブク)は、トヨタ自動車(本社:愛知県豊田市、代表取締役社長:豊田章男)と、トヨタ自動車が提供するパーソナルモビリティ「TOYOTA i-ROAD」へのカスタマイズパーツの1年間の実験的提供と試験運用を開始しました。

今回のプロジェクトは「TOYOTA i-ROAD」の本格的な実用化に向けて、7/4より開始される一般の消費者と共同で取り組む新しい施策(OPEN ROAD PROJECT)の一環で、パーソナルモビリティとしてより自分らしい「i-ROAD」を楽しめるように、利用者は3Dプリンターを活用してボディパーツやインテリアの一部を表面加工や色を選択しパーツの交換が可能になります。7/4よりモニターは順次、自身の好みにカスタマイズされた「i-ROAD」を一部地域内で走行を開始します。

「Rinkak マス・カスタマイゼーション・ソリューション」は上記のような企業や消費者のニーズをくみ取り、一品モノのカスタマイズ生産に対応することでプロダクトライフサイクルの短期間化に適応できるデジタル製造・販売ソリューションです。表面のテクスチャーやカラーリング、フィニッシュをWEBやアプリ上でユーザーが自由にカスタマイズでき、さらにカスタマイズした商品を在庫レス、金型コストゼロでオンデマンドにデジタル製造、販売ができます。(現状、造形物の素材の制限、大きさの制限があります)

車や家電、カメラ、時計、家具のような工業製品は個人のライフスタイルを反映したカスタマイズニーズが高まる一方で、商品開発のスピードやコストのハードルの高さから一品ものやカスタマイズ生産の実現が困難でしたが、カブクはデジタルファブリケーションを活用した「Rinkak マス・カスタマイゼーション・ソリューション」によりあらゆる分野でのマスカスタマイズ商品の開発を行ってまいります。

特設サイト[ OPEN ROAD PROJECT × Rinkak ]
http://rinkak.com/jp/openroad

■Rinkak マス・カスタマイゼーション・ソリューション とは
多様化するユーザーニーズに個別に対応するための一品モノのカスタマイズ生産ができるデジタル製造・販売ソリューションです

【特徴】
・商品開発工程におけるコストと時間を大幅削減
・カスタマイズ商品を在庫レス、金型コストゼロでオンデマンドにデジタル製造、販売
・最終プロダクトのマスカスタマイズを実現

【提供機能・サービス】
・商品カスタマイズ機能
表面のテクスチャーやカラーリング、仕上げをWEBやアプリ上で自由にカスタマイズすることができます
・オンデマンド製造・販売機能
Rinkakの提供するオンデマンド製造機能、商品販売機能により、金型や在庫のコストを最小化することができます
・様々な素材、カラーリングに対応
ABSなどのプラスチックやステンレス、チタンなどの金属など12種類の素材や最大12種類のカラーバリエーションに対応しています

 

ふむふむ~。つまりは3Dプリンターでカスタマイズパーツを出力するってことですね?これは楽しみだなー(^^)

 

 

国土交通省プレスリリース 日産超小型車

国土交通省「超小型モビリティの導入促進」事業の対象案件の決定について

 

引き続き超小型モビリティニュースをお届けします。

 

既に各メディアで報道されていますが、国土交通省が新たな超小型モビリティの実証実験を決定したので下記に貼り付けておきますね♪

 
国土交通省「超小型モビリティの導入促進」事業の対象案件の決定について
 
http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha10_hh_000146.html

 国土交通省では、新たな外出・移動のきっかけをつくる超小型モビリティを活用し、地域特性を生かした魅力あるまちづくりを通じて地域振興・観光振興を図る観点や、成功事例の創出、国民理解の醸成を促す観点から、地方公共団体等の主導によるまちづくり等と一体となった先導導入や試行導入の優れた取組みを重点的に支援する「超小型モビリティの導入促進」事業を実施しております。
 本年4月28日から5月22日まで、本事業の支援対象となる案件の公募を行っておりましたが、この度、応募のあった事業計画について、外部有識者による評価結果も踏まえて選定し、本事業の支援対象とする案件を決定いたしましたので、お知らせします。

◆支援対象案件(内訳)
 事業数 3件(11台)
 ※ 詳細は別紙参照

◆支援内容
 車両導入費、導入計画策定費及び導入効果検証費の1/2を補助
 ※ 民間事業者等のみで実施する場合にあっては、上記経費の1/3を補助

◆外部有識者による評価
 「超小型モビリティの導入促進事業検討会」
  (早稲田大学理工学術院 紙屋雄史 教授、
   独立行政法人交通安全環境研究所 石井素 環境研究領域長)

件数が3件と少ないのにビックリですねぇ(T_T)最近少し超小型モビリティの一時期の勢いが無いのは事実です。もう少し注目されて欲しいですねぇ

 

 

日産超小型車

オークラフロンティアホテルつくばの「超小型モビリティ利用宿泊プラン」は7/10まで

 

こんにちわ~(^^)

 

ジメジメとした梅雨が鬱陶しいですね?こんな季節だとドライブにも行けなくて心もジメジメ模様に・・・。そんな時は超小型モビリティニュースでも如何ですか!?

 

さてさて。茨木新聞ニュースさんによると、つくば市吾妻のオークラフロンティアホテルつくばに超小型モビリティの実証実験として導入されている「超小型モビリティ利用宿泊プラン」が、いまいちパッとしない利用状況で、しかも期限は7月10日までということで利用促進を呼びかけているとのこと。

 


 
http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=14344624719538

つくば市のホテルで、1~2人乗りの超小型電気自動車(EV)を宿泊客に貸し出す試みが行われている。市が取り組む社会実証実験で、宿泊施設での導入の可能性を検証している。利用者が3月末の受け付け開始からまだ3人と少ないため、市で利用促進を呼び掛けている。期間は7月10日まで。

超小型EVはエネルギー消費がガソリン車の6分の1といわれる次世代カー。国土交通省の認定を受ければ実験車の公道走行が認められる。低炭素社会を目指す同市は2014年1月に認定を取り、2年間の実証実験をスタートさせた。

市はこれまで超小型EVを市民にも貸し出し、農業や観光、商業の分野で有効性を検証。今回のホテル利用はそれらに次ぐ実験で、オークラフロンティアホテルつくば(同市吾妻)が協力した。

車は1人乗りと2人乗りの計3台が用意され、「超小型モビリティ利用宿泊プラン」で申し込むと、最高6時間まで借りられる。運行範囲はつくば市内限定。乗車前にはパソコンを使った10分間の事前講習があるほか、利用後にアンケートの記入がある。

9日に利用した千葉市の会社役員、稲葉茂さん(41)は「セカンドカーとして買い物などで使えたらいいと思う。これで筑波山に登ったら爽快な気分になるのでは」と乗り心地を楽しんでいた。(今橋憲正)

 
つくば市は超小型モビリティの活用に積極的な自治体ですので、しっかりと広報活動をして利用に繋げて欲しいですね!!!

 

 

トヨタ車体超小型車

日本郵政グループ 全国で初めて超小型モビリティによる集配作業の実証実験開始

 

引き続き超小型モビリティニュースをお届けします♪

 

日本郵便株式会社東海支社が、トヨタ車体の超小型モビリティ「コムス」を使った集配作業の実証実験開始を開始すると発表しました。

 
日本郵政グループ 全国で初めて超小型モビリティによる集配作業の実証実験開始
 

https://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2015/08_tokai/0528_01.html

日本郵便株式会社東海支社(愛知県名古屋市、支社長 日野 和也)は、集配作業における超小型モビリティの実用性、操作性、安全性などを探るため、2015年6月4日(木)から、集配作業に本車両を導入し、実証実験を行います。

この実証実験は、国土交通省による「超小型モビリティ認定制度※」の認定を受けて実施するもので、超小型モビリティが集配作業用として公道走行するのは全国で初めてです。今回、認定制度の申請については、名古屋市・トヨタ車体株式会社・日本郵便株式会社の三者で構成する「超小型電気自動車の実証実験に向けた連絡協議会」が行いました。また、本実証実験を開始するにあたり、出発セレモニーを開催します。


1 配備車両の概要
トヨタ車体株式会社製「コムス」を超小型モビリティ認定制度保安基準に適合させ集配作業用として活用します。

市販タイプ(原動機付自転車扱い)では最大積載量は30kgですが、認定制度により本車両(軽自動車扱い)の最大積載量は60kgとなりました。

試行配備局
名古屋中央郵便局、昭和郵便局、名古屋北郵便局、名古屋中郵便局の 4 局

 

うわー!これは是非お目にかかりたい!