Tag Archives: NTN

管理人の超小型車トーク 超小型車求人情報

デンソーテクノがインホイールモーターの機構設計エンジニアを募集中

 

こんにちわー!管理人のミッチョンです(・∀・)今日も超小型モビリティ関連情報をお届けします!

 

転職サイトのDODA(デューダ)にて、デンソーテクノ株式会社がインホイールモーターの機構設計エンジニアを募集していますので、興味がある方はご覧ください。

 
デンソーテクノがインホイー
http://doda.jp/DodaFront/View/JobSearchDetail/j_jid__3000644127/-tab__jd/;jsessionid=D62CCDC1918FC3133FF5862A85EE3D21.DodaFront2

 

インホイールモーターといえば、NTNが有名です(ミッチョン的に)、実際にNTN製のインホイールモーターで出来た超小型モビリティが実証実験に使用されていますので、今後、デンソーテクノが超小型モビリティを開発するかもしれませんね!?

 

 

NTN超小型車 管理人の超小型車トーク 超小型車社会実験

三重県伊勢市でNTNの超小型モビリティが認定

 

こんにちわー♪管理人のミッチョンです(・∀・)

 

さてさて。三重県によると、超小型モビリティが伊勢市や津市等を運行エリアとして走行可能となる認定を中部運輸局から受けたとのこと。最近は認定も多くなってきたのでいまいちインパクトに欠けるなぁっと思っていたら、今回の認定はNTNとタジマコーポレーションによる、インホイールモータ方式の超小型モビリティが認定を受けています。

 

NTN
 
http://www.pref.mie.lg.jp/TOPICS/2013100152.htm

「電気自動車等を活用した伊勢市低炭素社会創造協議会」では、地域における二酸化炭素排出量の削減をめざし、多くの化石燃料に依存した暮らしから、省エネルギーでかつ豊かな暮らしに移行していくため、移動手段の新たな使い方として、電気自動車等を活用した取組を進めることで、「地球環境に配慮した、資源やエネルギーが大切にされる、循環型のまち 伊勢」を創造することとしています。
三重県では、地域と共に創る電気自動車等を活用した低炭素社会モデル事業として、この協議会の設立と運営を支援していますが、協議会参画者でありインホイールモーターシステムを開発したNTN株式会社(本社 大阪府)と車体を製造した株式会社タジマモーターコーポレーション(本社東京都)の協力を得て、国土交通省の「超小型モビリティの認定制度」により、二人乗りの電気自動車(超小型モビリティ)が伊勢市や津市等を運行エリアとして走行可能となる認定を、平成25年10月15日に中部運輸局から受けました。中部運輸局管内では初めての認定となります。
電気自動車等を活用した伊勢市低炭素社会創造協議会では、NTN株式会社から無償貸与を受けた超小型モビリティ5台を、伊勢市役所の公用車や協議会参画者の業務用車両として活用するほか、観光モデルコースを作成し観光客の利用等を進めていくこととしています。

○認定の概要
・認定台数5台
・事業主体三重県、伊勢市、桑名市及び電気自動車等を活用した伊勢市低炭素社会創造協議会
・運行地域伊勢市、桑名市、明和町、玉城町の全域及び津市、松阪市、度会町の一部地域
・車両概要製作者株式会社タジマモーターコーポレーション
所有者NTN株式会社
種別軽自動車(組立車)
全長×全福×全高2.74m×1.48m×1.70m
車両重量540kg
定格出力2.4kW×2(後輪駆動)
その他国内初のインホイールモータ方式

※「超小型モビリティ」とは、軽自動車よりコンパクトで小回りが利き、環境性能に優れ、地域の手軽な移動手段となる1人から2人程度の車両

※「認定制度」は、平成25年1月に国土交通省において新たに設けられた制度で、高速道路等は走行しないこと、交通の安全と円滑を図るための措置を講じた場所において運行すること、等を条件としたうえで一部の基準を緩和し、超小型モビリティの公道走行を可能とするもの

※「インホイールモーター方式」とは、モーターを従来の内燃機関のようにシャーシ上に配置せず、車輪内に配置した方式

 

新たな車種がどんどん出てきて活気づいて来ましたね(・∀・)

 

 

NTN超小型車

NTNがインホイールモータ搭載超小型モビリティを伊勢市に貸与

 

こんにちわー♪今日は何回目の更新かな?管理人のミッチョンです(・∀・)

 

インホイールモーターシステムの超小型車を製造するNTNが実証実験として、三重県伊勢市に超小型モビリティ5台を提供するとのことです。

 

NTN

http://www.ntn.co.jp/japan/news/news_files/press/news201300074.html

NTN株式会社(以下、NTN)は、独自開発の「インホイールモータシステム」を搭載した二人乗りEV(超小型モビリティ)を三重県伊勢市に貸与しました。日本で初めて*1インホイールモータを搭載した超小型モビリティとして認定を受け、公道における実証事業を開始します。

この取り組みは、伊勢市の低炭素社会に向けた行動計画「おかげさまAction! ~住むひとも、来たひとも~*2」に地元企業として参画するものです。伊勢神宮の式年遷宮を機に、伊勢市が行う電気自動車等の利用環境の整備に合わせ、インホイールモータシステムを用いた超小型モビリティを提供します。伊勢市の公用車として1年間利用いただくほか、合計5台の超小型モビリティを用意し、伊勢商工会議所や伊勢市観光協会等の協議会メンバー、観光モデルコースなどで利用いただく予定です。

 

個人的にはインホイールモーターという仕組みが気になるので、三重県は近いから行ってみようかしら?

 

 

NTN超小型車 管理人の超小型車トーク 超小型車社会実験

NTNのインホイールモータを搭載した超小型EVをお披露目

 

こんばんわ~♪今日も攻撃的な暑さでしたが皆様如何お過ごしですか?
ミッチョンは愛車「ピノ」のオイル交換で黄色い帽子に行ってました( *´艸`)

 

さてさて。今日は個人的にスゴイ!と思った超小型車ニュースをお届けしますね!

 

ベアリングなどの製造を行なっているNTN株式会社は、「インホイールモータシステム」を搭載した超小型車を、日本で初めて軽自動車の登録車両として「富士山EVフェスタ」でお披露目し、公道実証事業を開始したとのこと。

 

二人乗り超小型ev

 

http://www.ntn.co.jp/japan/news/news_files/press/news201300066.html

NTN株式会社(以下、NTN)は、独自で開発した「インホイールモータシステム」を搭載した二人乗り超小型電気自動車(EV)を、8月1日、日本で初めて、軽自動車の登録車両として「富士山EVフェスタ*1」でお披露目し、公道実証事業を開始しました。

富士山EVフェスタは、富士山の世界遺産登録に伴う豊かな自然保護に対する意識の向上と、静岡県が推進する「ふじのくにEV・PHVタウン構想」によるEV普及に向けた活動の一環として開催されました。NTNのインホイールモータシステムを搭載した二人乗り超小型EVは、昨年4月の新東名高速道路開通式の「通り初め*2」で走行して以降、さらなる開発とテストを重ね、軽自動車ナンバーを取得しました。昨日の「富士山EVフェスタ」のパレード先導車両として、静岡県の川勝知事にご乗車いただきました。

なお、NTNは、今年1月に静岡県磐田市と連携して約1年間にわたり実施した改造電気自動車(コンバートEV)用インホイールモータシステムの公道実証事業*3を完了し、さらに6月からは、フランスのアヌシー市(NTN-SNR本社)において、超小型EVで欧州電動マイクロカーの公式規格を取得し、公道実証事業*4を開始しております。

NTNは、ベアリング(軸受)の研究・開発で培った技術や、ハブベアリングで世界No.1シェアの強みを活かし、インホイールモータシステムをはじめ、EVや環境対応車などの次世代自動車に向けたシステム商品の開発を進めております。次世代自動車の開発・事業化において、より先進的な日本と欧州の両方で実証事業を行うことで、EVシステム商品の実用化に向けた最先端技術の開発・事業化を加速させるとともに、超小型モビリティの早期普及に向けた活動を推進してまいります。

*1:富士山EVフェスタ(静岡県ホームページ)
http://www.pref.shizuoka.jp/kikaku/ki-260/ev/festa.html
*2:新東名開通式
http://www.ntn.co.jp/japan/news/news_files/press/news201200029.html
*3:磐田市でのコンバートEV実証事業
http://www.ntn.co.jp/japan/news/news_files/press/news201300016.html
*4:フランスアヌシー市での実証事業
http://www.ntn.co.jp/japan/news/news_files/press/news201300058.html

 

インホイールモーターというのは、ホイール自体にモーターが組み込まれていて簡単に言うとタイヤ自身が動力を生み出す役目を担っているということです。これにより車体側はスペース的にも構造的にもメリットが生まれます。まさしく技術革新といったところでしょうか?

 

しかしこのインホイールモーターEV、名前というか名称が無いのが残念ですね(T_T)