U’eyes Designが超小型モビリティ「D Face」のプロトタイプを東京モーターショーに出展


 

こんばんわ~♪管理人のミッチョンです(・∀・)引き続き最新の超小型モビリティニュースをお届けしていますー♪

 

ちょっと気になるニュースを見つけたのでご紹介。デザインリサーチなどを手がける株式会社U’eyes Designが、新たにLLPを設立して東京モーターショー内のSMART MOBILITY CITY 2013に、超小型モビリティ「D Face」のプロトタイプを出展するとのこと。

http://www.ueyesdesign.co.jp/news/131113_motorshow.html

U’eyes Designは3社のデザイン企業によるLLP(有限責任事業組合)を設立し、来る11月23日~12月1日に東京ビックサイトにて開催されます第43回東京モーターショー2013内のSMART MOBILITY CITY 2013に出展いたします。

展示内容
~超小型モビリティ[D Face]のプロトタイプおよびHMIの提案~
「超小型モビリティ」は軽自動車より小さい、1~2人乗りの次世代のクルマです。
今回の出展では、「超小型モビリティ」の在り方について独自の調査・提案・開発を行うことで、ただ小さくて経済的なクルマではない、みんなが乗りたくなる「モビリティ」を提案します。

日時
一般公開日 2013年11月23日(土)~12月1日(日)

場所
東京ビッグサイト 西4ホール SMC17 (株)ディーアート(D Art)ブース

LLPについて
U’eyes Design、Design & Realizations、D Artの3社のノウハウを結集し、ユーザー調査・スタイリング提案・プロトタイプ開発の専門スキルの融合によって、自動車にとどまらない、幅広い領域の製品開発をサポートしてまいります。

皆さまお誘い合わせのうえ、是非ご来場ください。

 

ちょっとこのプレスリリースだけでは全体像の把握が難しいのですが、とてもスタイリッシでスマートな超小型モビリティが登場してきそうな予感(・∀・)

既存の自動車メーカーだけでなく、様々な企業が参入出来るのが電気自動車の良いところです。そして競争が生まれれば、製品性能の向上や価格の値下がりが期待出来て、我々消費者にとってもメリットが大きいのです(・∀・)

 

 

Comments are closed.